たのにち・日記 2024/5/31

一度は解体したゲーム用PCですが、またCoDやりたい欲に負けてしまって、結局は組み直してしまうことに。

組み立てが完了し、いざ電源ON。
しかし、動かない。

正確に言うと、ケース前面の赤いパワーランプおよび、マザーボードとメモリの虹色のLEDは点灯しています。
それなのに、ファンはすべて微動だにせず、画面は何も映っていません。

グラボ・ケースファン・DVDドライブを外した最小限の構成にして、メモリと電源ユニットのケーブルを挿し直したけどダメ。
ストレージは入っていませんが、それでも通常は起動して、BIOS設定画面に勝手に移動するはずなのですが…。

ということは、電源ユニットがとうとうイカれてしまったということでしょうか?
過去に何度も付け外ししてますからね。分解したこともあるし…。
パソコン屋の人だって、電源ユニットは消耗品だから買い取れないという。何をバカな…と、売ろうとしていた当時は思ったものの。

今度こそFPS引退かな。


おおっ、まほプリが6月にも再放送あるゾ。今度は土曜日に2話ずつっぽい?
現在も平日に1話ずつやってるけど、さすがに週5はちょっとペースが早すぎる。
撮って永遠に残しておきたいので今回の分はもれなく撮ってるけど、いずれまた一から見直したいと思ってたので、来月からがチャンスかな。

ところで、朝6時半って早いですね…。全力で起きないと。
夜もあるのかどうかは、今のところ不明。
もしなかったら、朝の分じゃ録画に時刻が載ってしまうので、やっぱり今やってる平日毎日の夜の分で撮っておかないと。


以下、まだサーバーが出来上がってなかったなどの理由で、書くタイミングを逃してしまってたもの。

絶品メシその1。
豆から挽いたコーヒーに、アイスクリームを入れただけのもの。

何日も前の話ですがこのとき、実は体調不良で熱を出しておりまして、それなのにコーヒーを飲もうとしていて。
せっかくだから、熱冷ましも兼ねてアイスクリームも入れてやろうと。

一つ失敗したのは、カップが深すぎたこと。掬いにくい。
百均でテキトーに買ってきた、百均なのに200円で売っていたただの白いカップ。
喫茶店みたいに、もっと浅くて豪勢な模様が入ったカップを探さないと。


絶品メシその2。
定番のサッポロ一番みそラーメンに、見切り品の半額チャーシューを入れただけのもの。

大量に半額になっていたけど、さすがに全部買っても腐らせるだけ。
かといって今買わないと廃棄させられるので、とりあえず一つだけということで。

しかし後日、また別の期限のものが大量に半額になっていた。
そんなに焦る必要なかった。

そして、定価じゃ誰も買ってくれないの悲しすぎる。


まかない茶という、中国の茶葉です。
多数の種類の茶葉の余りを組み合わせたものだそう。
他に目当ての茶葉があったのですが、合計額を一定以上にしないと送料無料にならなかったので、安かったこれも一緒に購入することに。

肝心の味はというと…苦いです。入れすぎたのか、もとからそうなのか、初めの一口はほんとたまげました。
母にも飲ませてみたところ「苦すぎ」だの「ずっと口の中に後味残ってる」だの散々言われてしまいました。

ただ、人というのは慣れてしまうもので、初めの一口の衝撃はどこへやら。
苦いことは苦いけど、スキあらば飲めるようになってしまいました。私だけ。

なお、余りから作られる都合上、常に販売されている品ではなく、あるとき販売ページを改めて見てみると、そのときは売り切れに変わってました。
そう思うと、貴重な品に見えてくる。飲みきっていいのかと。


室内のLED照明で飼育できるか実験していた植物です。品名は忘れた。
買ってきてから初めの数日の間に花はいくつか咲いたのですが、それ以降は成長することなく、次第にしぼみ…。
今はもうお見せできませんが、枯れてしまいました。

原因はいくつも考えられます。どれが正しいかはわかりません。

  • 水やりをサボった日がいくつもある。
  • 逆に、水を毎日やり続けていた期間もある。
  • 鉢が明らかに小さい。押し詰めてる。
  • 日光じゃないとそもそも無理。

今度からはサボテンにするしかないかな。


(シボレー・MW - Wikipediaより引用。)

家の近くの駐車場でいつも見かける、とあるクルマ。
あれ?よくあるワゴン車に見えるのに、なんでシボレーのエンブレム?アメ車ってマッスルカーじゃないの?(偏見)

と思ったけど、wikipedia先生によると、スズキのクルマにシボレーのエンブレムをつけた、実際の商品とのこと。改造車ではない。
こういうのもあったのかということで。
ちなみに、実際に見たのは赤色でした。中古車を探ってみると、赤だけ数が少ないし高い…。


(フォード・フェスティバ - Wikipediaより引用。)

実物は見たことないけど、日本車なのにアメリカのエンブレムがついてるといえば、フェスティバというのもありました。
上の写真のような二代目の場合、ベースはマツダのレビューとのこと。

(マツダ・オートザムレビュー - Wikipediaより引用。)

レビューを初めての愛車にしようと考えてきたこともありました。
軽自動車並のサイズかつ、90年代特有のこういった形のクルマが好きなので。

店で売られていた当時は、総額で破格の40数万円。しかもマニュアル。色も上の写真に近いもの。
ただ、そんな価格ですら私にとっては予算オーバーであり、なおかつ教習所を出てからそれまでの数年間、一度も公道で運転していないのに、普通車かつマニュアルは難度が高そう。
(いちおうマニュアル免許を所有していることが、人生における数少ない自慢の一つ。)

というわけで、軽自動車になりますが同じ店で売られていたプレオニコットが、初めての愛車となったのでした。2023年11月のことです。
価格は総額で20数万円で、オートマしか存在しない車種なのでオートマです。
レビューは同じ日に、別の方に引き取られていきました。

価格の割にはまだ3万km程度しか走っておらず、傷も見当たらないし動作の異常もない、かなり程度がいい個体です。
なお、運転下手くそな私のせいで、駐車時に初めて傷が入ってしまったんですけどね…。
いつかは汚れたり壊れたりするものだし、もう気にしない。

本当は2ドアでもっと小さい同年代の軽自動車が望ましかったのですが、家族も載せないといけない都合上、ある程度の背丈と4ドアは必須条件。
かといって近年の車種はどうも形状が気に入らないし、誰も知らない車種が欲しかったので、自宅から買いに行きやすくて安かったこれが、必然的に選ばれたのでした。
今のところ、道端ではまったく同じ車種を見かけません。

クルマで白はありきたりなのであまり好きではなかったのですが、白しかなかったので仕方なし。
でも、陽の光の下では直視できないほどの眩しさを放っていたので、やっぱり白も悪くないなと。
軽自動車専用の黄色いナンバープレートも、白いボディに対するアクセントになってくれてる。ナンバープレートありきのデザインなのでは。

逆に今では、白以外のニコットが売られているのを見かけません。むしろ貴重なカラーを偶然引き当てたのでは。
一番知られているのは黄色らしいですが、ピカチュウ呼ばわりされるので。いや、悪くはないけど。

ちなみにこれは、ニコットのミニカーです。発売されたのはたしか、2024年2月くらいだったかと。
まさか、今の世の中でこんなマイナーな車種が、しかも実物を手に入れてからしばらくあとという、偶然に偶然が重なったかのようなタイミングで。

運転席に飾ってます。
白がなかったのは残念。シルバーです。

それにしても、大都会の月極駐車場高すぎる。
過去に住んでいた、冗談抜きで家賃1万円だった田舎の家に帰りたい。
こっちの方が断然安い。駐車スペースもあるし。


今借りている駐車場、隣がずっと空きっぱなしなので、いずれは普通車も買ってそこに埋めてやろうかと…。
まぁ、そんなことするくらいなら田舎の家に戻ったほうがいいけど、普通車だけは考えたいところ。

デカいのはこすりそうで怖い、というか軽でもこすったので、やっぱりなるべく小さいのがいい。
そして90年代特有のこういった形状が好き。うまく言い表せることがわからない。

というわけで、上の写真のマーチのようなやつが望ましいかなと。ちなみにこれは、去年11月の昭和レトロカー万博2023で見かけたものです。
マーチという車種自体は現代でもいくらでも見かけるけど、近年の型だとまるっきり形状が違う。
90年代の小さめ普通車の中でも、マーチだったらそこそこ数があるし価格も控えめだから、充分に選択肢に入るかなと。

そうはいっても、もたもたしていたら売り切れてしまいますが、今は予算がないし、急ぎで普通車が必要な用事もないので。

Be-1とかも好きだけど、希少なのに人気だからか、100万円超えばっかりでまるで手が届かない。


せっかくだからバイクの方も。
カワサキのエストレヤです。250cc。実際の今の愛車です。

過去には50ccのスクーターしか乗っていなかったのですが、やむを得ない事情で大都会の自宅に戻ってから、原付では遅さを感じるようになってしまいました。
そんなときに弟が大型に乗り換えるというので、お下がりで中型マニュアルのこれを引き受けたのでした。これに併せて免許も新たに取得。

ぶっちゃけ、スクーターと比べてかなり重たいので、いまだに乗るのは怖さを感じます。マニュアルであることは、さほど苦じゃない。
ただ、スクーターはそのラクちんさゆえに、無茶な乗り方をするやつらを多量に見かけます。私も過去にはやらかしていましたが…。

もう二度と無茶な人間にはなりたくないということで、頑張ってエストレヤに乗り続けているのです。スクーターは手放しました。
めんどくさいけど見た目はかっこいい。ガチガチのレーサーっぽいのより、こういう感じの方が好き。弟は良い車種選びました。
これを手にしてから、靴も同じような色のやつに変えました。
原付よりも性能が高いとはいえ、だからこそ原付のときよりも運転が慎重になりました。60km/h出せるとはいえマジ勘弁。

ちなみに上の写真は、2024年3月頭のことです。それなのに雪が降る…。
奈良の信貴山あたりだったかと。


またまたせっかくだから、バイクの方も他に気になってる車種を。
2023年4月のインポートモーターサイクルで見かけたものから。

これはベスパだっけ?ランブレッタだっけ?
どちらにしろ、スクーターならばこのあたりのが好みです。鮮やかなカラーリングとか。
150ccだから中型扱いになってるベスパにまたがったことならありますが、50ccのやつみたいな窮屈さはありません。
マニュアルじゃ足元に荷物が置けないので、スクーターも捨てたもんじゃないんですよね。簡単すぎるがゆえに、無茶な運転を招く恐れもあるけど。

ロイヤルエンフィールド スーパーメテオ650試乗【日本にフィットする、100万円切りのダイナミッククルーザー】│WEBヤングマシン|新車バイクニュース

このとき展示はなかったのですが、もし大型マニュアルを選ぶならば、ロイヤルエンフィールドのスーパーメテオ650ってのが気になってます。
今持っているエストレヤと形状や色合いが似ているので。

その前にまず、大型免許ですね。早くしないと、中型取ってから三年以内の再入学による、入学金免除の特典なくなってしまうぞ。
ただ、授業料はそのままかかる。そして、免許を取ったとしてもほぼ新車しかないので100万円。

そんな予算なんて…。


上記と同日のカメラフォルダを探っていると、なぜか撮っていたシャインポストのライブ番組。
アニメ版はかなりおもしろかったです。割とマジで当時は毎週の楽しみでした。

その後、スマホゲーム版に続くはずだったのですが、いまだ音沙汰なし。
ちょっとだけ公式ツイッターを覗いてみたところ、最近でも各キャラや中の人の誕生日の際にツイートはしてるみたいだけど、肝心のゲームについては何も…。
(もしかしたら投稿があるかもしれないけど、ツイッターのアカウントがないと、人気のある一部のツイートしか表示されない仕様になったのが本当に困る。並びもぐちゃぐちゃ。)

まぁ、スマホでゲームすることはほとんどないので、無いなら無いで別にいいけど。
アニメの録画は数話撮り逃がしてしまってるので、また再放送してくれないかな。