たのにち・日記 2024/5/30

こちらは自室PCのモニターです。32型を2枚並べています。
片方は従来どおりの横向き、もう片方は縦向き。
なんで片方だけ縦向きかというと、outfoxなどのゲームを縦向きにしたときにどう見えるか試したかったというのもありますが、スペースの問題もあります。

それはさておき、解像度はともに4K。スケーリングもともに200%です。100%だと細かすぎる。
しかし、画面の横幅が異なる都合上、左の画面でちょうどいいサイズのウインドウを右画面に持っていこうとすると、枠からはみ出してしまいます。
こうなってから、いちいちウインドウサイズを縮めるのも面倒。

というわけで、右側の縦画面だけスケーリングを150%に設定。
左からそのままウインドウを持ってくると、右画面でもちょうどいいサイズで収まってくれました。
スケーリングが互いに異なるため、境界線がモニターの枠どおりにならないのが難点ではありますが、基本的に右画面は一つウインドウを置きっぱなしにして作業しており、しょっちゅういったり来たりするわけではないので良しとしましょう。

ちなみに、OSはManjaroです。
デスクトップセッションがX11では画面ごとに異なるスケーリング設定ができないので、Waylandをインストールして切り替えましょう。


先日動作するようになったスーファミですが、父一人でも起動の仕方を理解してもらえました。
テレビの入力切替や電源の入れ方、切り方など。よかった。
まぁ、かつてはスーファミに触れていたことがあるはずですからね。

ただ、画面がぼやけて見づらいと言われてしまって。
老眼もあるのですが、赤白黄色のAV端子でつないでいるので、どうしてもにじみが出るんですよね。
それがレトロゲーム機の味ではあるけど。

『スーパーファミコン』の映像出力はAV、S端子、RGBでどれぐらい変わるのか検証してみた - レトロゲームで遊ぼう!

S端子もしくはRGBに切り替えたらマシになるっぽい。
ただ、そんな端子、うちのテレビにあったかな。

ないです。(絶望)

S端子もしくはRGBのケーブルに加えて、それらをHDMIに変換するやつも買わなきゃダメ。
AV端子からHDMIに変換するやつならいくらでも見つかるけど、もとがAV端子ではにじみが変わらない。

Amazon.co.jp: S端子AVケーブル (スーパーファミコン、ニンテンドウ64、ゲームキューブ) : 家電&カメラ

スーファミのS端子ケーブルはあったけど、RGBケーブルは見つからない。
というわけでS端子一択。

HDMI S端子 変換の人気商品・通販・価格比較 - 価格.com

そして変換器は…中華製の怪しいやつしか見つからない。
しかももれなく3000円以上する。

しばらくAV端子で我慢してもらいます。


昨日、記事にフィルムカメラのことを書きましたが、その直後にYoutubeを開いてみると…えっ?
トップページの動画一覧に、フィルムカメラに関する動画が出てきた…。

なんで?おかしくない?トップページの動画一覧は、最近見た動画に基づいた関連動画が出るはずなのに。
Youtube上でフィルムカメラのことを検索したのならわかるけど、そんなことしてないんですよ…?
ローカルで書いた記事をブラウザ上でプレビューはしたけど、どうやって私の行動を盗み見たのか…。
Youtubeが恐ろしくなりますね…。追跡ブロックの拡張機能も入れているはずなのに。
まぁ、その拡張機能も完全に信頼できるかは不明ですが。

気味悪くなってきたので、とりあえずYoutubeからはログアウト。ログインしてなくても大半の動画は見れるし。
ついでに、YoutubeはGoogleの一部であるため、Googleからもログアウト。というかYoutubeからログアウトしたら勝手にこっちもなった。
とりあえずこれで、行動履歴による検索結果表示はされないはず?

ただ、メールに関しては今のところGmailしか使ってないので、ログアウトしたらブラウザから操作できない。

追跡を免れられるかどうかはわからないけど、ThunderbirdでGmailを使うようにしましょうか。

あと、ログインをGoogleアカウントと関連付けていた各種サービスも、なるべくパスワードログインに変えましょうか。
メールもできれば独自ドメインのやつを自前のサーバーで作りたいけど、猛烈にめんどくさそうなので後回し。

そういえば、当サイトのAstroで使っているテーマは借り物ですが、googleのフォントが使われるようになっていました。
まさか、そこから履歴を取得されるなんてことある…?
どのみちいらなかったので、そこのコードだけは無効化しました。フォントは、サイトを見ている各環境のsans-serif設定に任せます。


当サイトに上げている画像はavifで統一しているのですが、先日までは画質を95%に設定していました。
これじゃあ重すぎます。これじゃあ阿部寛になれない。

よってすべての画像を70%に落としました。
最新鋭規格であるavifだけあってか、劣化はさほど気になりません。
それなのに容量は大きく削減できました。

こちらの画像はもともと2MBありました。デジカメで撮ったJPGのままだったらもっと重いはず。
でも現在は695KBです。

そして、サイト全体で40MBあったのですが、今は8.9MBです。
削れすぎてたまげた。

とりあえず、これからの画像はavifでいきましょう。jpgやpngやwebpはもういらない。
ただ、androidの画像ビューワー系アプリでは見れないという…。
それはgoogleが悪い。よっぽどwebpの地位を奪われたくないもよう。

こっちは阿部氏。1.28秒。

こっちはうち。640ms。

勝った…。

と思ったけど、阿部氏のページは旧式のブラウザでも表示できる。うちは無理。
負けた…。


Astroで当サイトを制作しておりますが、困った事態が発生しました。
タグで絞り込みした記事一覧ページとRSSに限り、各記事に設定されている時間が、なぜかズレているのです。

一覧ページの場合、表面上は実際に投稿した日本時間そのまま表示されているのですが、内部的には世界標準時である9時間前になっており、なおかつ時の値だけ0にされてしまいます。
つまり例として、本来は5/29 8:30に投稿した記事の場合、まず9時間戻して5/28 23:30となり、そこから時だけ0時にされるので、5/28 0:30に投稿した扱いになってしまいます。
RSSだとズレた時間が丸見え。

分と秒はそのままです。そのせいで記事の並び順が合いません。
5/28 23:50に投稿した記事は、9時間戻しても28日のままで、時だけ0にして5/28 0:50に投稿した扱い。
本来は5/29 8:30に投稿した記事よりも、5/28 23:50に投稿した記事の方が上に来てしまうのです。

さらにおかしなことに、タグページの場合はbuild後の本番ページのみで発生するのに対して、RSSの場合はプレビューとbuildともに発生。
どうしてこんなちぐはぐな状況になっているのやら。
タイムゾーン絡みが怪しい気がするのですが、そうなるとタグ絞り込みなしの記事一覧や、記事詳細ページだけ無事ってのも不可解。

現在使用しているDanteという借り物のテーマに何か異常がある気がしますが、そもそもAstroで使われている言語や、テーマの作成方法をろくにわかっていません。
javascriptとphpっぽい気がするんだけど、なんか違う。同じ書き方しても通用しない。
Wordpressほど解説が充実しているわけでもないし、日本語ではほんの触りのところくらいしかありません。
このままいくら時間を費やしても、解決方法が見つかりそうになりません。
ぶっちゃけ、「なんか知らんけど動いてる」ってやつ。
仮にテーマがぶっ壊れても、記事はmarkdownで全部保管されているので、記事だけ救出できるのは救い。

これからは同一に複数の記事を上げるとき、時の値は午前9時に統一して、分と秒で並び順を調整するしかない。
と思ったけど、やっぱりめんどくさすぎます。
全記事一覧では問題なく、投稿時間そのままの日本時間で記事がちゃんと並んでいるので、極力こっちで見てください。
あと、無理に時間いじくったら、もしテーマが直ったときに逆に狂ってきますからね。

Vercel SSRはデフォルトでTimezoneがUTCになるので注意

これ何か関係ありそうな気がする…。本文中にAstroのこと書いてるし。
でも、Vercel SSRって何…?dayjsって何…?そんなん知らん…。やっぱり関係ないかな…。