Manjaroで野良アプリをピン留めする方法。

今回タスクバーにピン留めしたいのはVSCodiumです。
「ソフトウェアの追加と削除」にてAURからダウンロードすることもできるのですが、ここからダウンロードしたバージョンだとなぜか、Mozcを使っての日本語入力ができません。
そのためやむを得ず、公式サイトからrpmをダウンロードして、任意のフォルダに解凍したものを使用しています。

しかしこれだと、タスクバーにもスタートメニューにもアイコンが自動で登録されません。
いちいちフォルダを開けてアプリを起動するのは面倒です。

まずは下記のフォルダへ移動します。

/home/ユーザー名/.local/share/applications/

ここに拡張子desktopの空ファイルを作成して、任意のテキストフォルダを開きます。
そして下記のように記入します。

[Desktop Entry]
Type=Application
Name=VSCodium
Exec=/home/ユーザー名/非インストールアプリ/VSCodium/codium/codium
Icon=/home/ユーザー名/非インストールアプリ/VSCodium/pixmaps/vscodium.png

Execはアプリケーション本体、Iconはそのとおりアイコンのパスを指定します。

desktopファイルをダブルクリックするとアプリを起動できるはずなので、あとは起動中にタスクバーからピン留めすればOK。