たのにち・日記 2024/5/26

買っちった。

見てのとおりスーファミです。父が麻雀をやりたいというので。
本体・コントローラー・赤白黄色ケーブル・ソフト、全部合わせて1700円。
900円のソフトが一番高かった。

過去に、ボタンがいくつも付いた麻雀専用ゲーム機を買ったことがあるけど、中身はほぼファミコンで、そのせいか二人打ちしかできないので、一度しか遊んでもらえなかった。
ラズパイ3に麻雀ゲームを入れてあげたこともあるけど、ゲームにたどり着くまでの流れが父にとってはややこしいし、電源の切り方入れ方もややこしかったので、結局これも一度だけ。
実物の麻雀台を買ったとしても、私はルールがわからないし4人居ないし。

というわけで、スーファミでやらせるのが最適なんじゃないかと。
今どきのゲーム機と違って電源入れたらすぐに始まるし、さすがにファミコンより性能の高いスーファミだから4人打ち対応。
どうして今のゲーム機は即起動ができないの?

ちなみにこのスーファミは、某中古屋で安く手に入れました。
その店が惜しくももうすぐ閉店ということで、いい天気だしせっかくだから漁ってみたところ、たまたま発見して悩んだ末に購入を決意。

ゲームも本もダウンロードで済んでしまう、今の世の中の犠牲者…。
私も過去には、デジタル万歳・最新機器万歳な人間だったけど、なんでもかんでも一台にひとまとめにすることや肝心のゲームにたどり着くまでの流れが、ぜんぜんスマートじゃないこと、DRMに縛られること、心身への負担のことなどに気づくのが遅すぎた。

さっそくスーファミの麻雀を始めたいところですが、電源アダプターだけが見つからなかった…。
仕方ないので代替品をAmazonで注文し、ただいま到着待ち。これで合計3000円になってしまった。
そしてこのスーファミも当然古い品なので、無事に動いてくれることを祈るしかない。返品不可、ジャンク覚悟。


Amazon | passwordsFAST コンパクトオフラインパスワードキーパー (暗号化) | 金銭管理・会計用品 | 文房具・オフィス用品

Amazon.co.jp: Redzone パスワードマネージャー バックライト機能付 英語版 password Keeper Recorder Device English version : パソコン・周辺機器

Amazon.co.jp: SAFERecZone LLC パスワードセーフ電子ストレージオーガナイザー キーパーデバイスとスタイラスバンドル : 文房具・オフィス用品

先述のスーファミの電源アダプターを買うためにAmazonを開いたところ、ぜんぜん関係ないけど過去の閲覧履歴からのおすすめとして紹介されたもの。
以前にPinMaster2のクラファンに募金しようと思ったけど高くてやっぱりやめて、PinMaster1だったらAmazonにまだ残ってることを発見したので、それに伴ってのおすすめ紹介。
特に、一番上のやつはPinMasterと同じくクレジットカードサイズっぽい。

オフラインによるパスワード管理は魅力的だけども、別に今すぐ欲しいわけじゃないし、いずれも1万円以上でやっぱり高いし、ひとまずこういうのもあったということでメモするだけ。


中古屋漁りしてた本来の目的はこっち。ラブライブ無印の真姫。
過去に訪れた際には穂乃果を探していたので、良いと思いつつもどうしようか迷ってたけど、店が無くなると知ったので急遽救出。
まぁ、500円だったし。まだ残っててよかった。

ハノケチェンでかすぎて困った。


たのしくないサーバー構築作業。

まず、外部からnginx以外の箇所へなんでもかんでもアクセスされたら非常にまずいので、ファイアウォール(ufw)を起動。
デフォルト状態ではすべての通信を遮断してしまい、これでは普段遣いPCから作業できなくなるので、同一ネットワークだけ許可。
一行実行するだけですが、詳しくは下記へ。

Ubuntuのファイアウォールで、同一ネットワークからのアクセスをすべて許可する方法。 | たのしいにちようび

そのあと、独自ドメインのDNSにわが家のグローバルIPアドレスを追加して、ルーターのポート開放をして、nginxのconfファイルを作成。
とりあえずSSLなしの状態で、独自ドメインをURLに入れると自宅サーバーにアクセスされるようになりました。

スマホから、自室のwifiを使わずSIM回線でアクセスしてもばっちり。
これで完全にレンタルサーバーとの縁は切れました。もう月額に悩まされることも、期限ギリギリの解約ロックにも悩まされることもありません。
代わりに電気代は…まぁ、省電力なN100マザーボードを使ってるので、24時間無休でもたぶん安い。

nginxで静的htmlページを独自ドメインで公開できるようにするまでのメモ。 | たのしいにちようび

SSLの設定も完了し、ようやくこれで当サイトを自前のサーバーにて公開できました。

バックアップ体制も整えないといけないけど、また後日。
Astroのdistフォルダの中身を、自動的にサーバーの/var/www/htmlに送る方法もないものか。