PC環境メモ。

右も左も、AbeeのMini-ITX専用PCケースです。
左のCS01は普段遣い用PC、右のD20はサーバー用PCです。

スチールボディがすごく重いし、中が狭くて組みにくさもあるけど、マグネットが使えるうえにマットホワイトの四角い見た目がお気に入り。
通気性の悪さもあるけど、そもそも排熱の少ないパーツにすれば気になりません。
なんでもかんでも強力なパーツにすればいいってものじゃない。
手に入りづらいレアものと化してしまったのが難点。

過去には5台のAbeeを所有していたこともありますが、とても扱い切れたものではなく、なおかつ白以外はアルミボディが安っぽくて気に入らなかったので、紆余曲折あって結局は上記2台に落ち着きました。

普段遣い用PC

パーツ構成

部位パーツ名備考
ケースAbee acubic CS01もともと付属していた、5インチベイ用の白いフタは紛失。代わりに別のAbeeに付属していた銀色のフタを装着。赤いLEDが眩しいのが難点。
マザーボードGigabyte B550I AORUS PRO AXボード上のオレンジのLEDは無効化できず、wifi接続時に2.5Gbpsにならない問題あり。
CPUAMD Ryzen 3 4300Gオンボードグラフィック。
メモリ型番不明8GB×2。
電源ユニットDC ATX 200W (正式な型番なのかどうか不明)いわゆるPicoPSUのパチモン。怪しい中華製ノーブランド。
ACアダプターOBEST 12V10A汎用ACアダプター怪しい中華製120W。
m.2 SSDWDS250G2X-00L350250GB。普段遣い用OSとしてインストールしているManjaro用。
2.5インチSSDCrucial CT256MX100SSD1256GB。ゲーム用OSとしてインストールしているBatocera用。
2.5インチSSDKINGSTON SQ500S37240G240GB。動画視聴用OSとしてインストールしているLibreELEC用。
CPUファンRyzen標準のやつ
ケースファンnoctua NF-A12x25 PWM

メモ

  • ケースを留めるネジが、小さくてなおかつ六角クランクが必要になる特殊なネジであり余りもないため、紛失は絶対に厳禁。
  • 電源ユニットに付属していたSATA電源ケーブル(赤・黒・黄色のやつ)を、別のマザーボードに付属していたケーブルと入れ替えると、SSDから煙が上がってショートしてしまい、SSDが故障してしまったことがある。本電源ユニットのみに限らず、SATA電源ケーブルは絶対に、付属のもの以外は使用しないこと。
  • 付属のSATA電源ケーブルは、おなじみのL型ソケットが1つ、ペリフェラル(4ピン)が1つしかないので、ペリフェラルからL型2つに変換するソケットを装着し、無事に動作中。
  • SATAのソケットが一つ余っているので、余っているDVDドライブを装着しようか考えているけど、今のところ音楽CD取り込みくらいしか用途がなく、頻度も高くないので保留中。
  • ACアダプターは現在、何も入っていない5インチベイの中に隠しているけど、もし先述のDVDドライブを装着することになると、ACアダプターはPC外部へ放り出さざるを得なくなる。
  • CPUファンを余っているnoctuaのやつに変えたいけど、マザーボードをいったん取り外さないと交換できないのが面倒であり、グリスも買い直す必要があるので、保留中。
  • noctuaファンは静音と言われているけど、BIOS設定を変えないと負荷がかかっていないときでも高回転で動き続けてうるさいので、必ず調整すること。
  • CPUを余っている5600Gに変えたいけど、ファンの交換と同時にやりたい。
  • AsrockのB550のマザーボードが余っており、Wifiが2.5Gbpsでちゃんと動作するのでそちらに変えたいけど、現在使用中のものと同じ電源ユニットかつACアダプターでは正常に動作しなかったので保留中。もっとワット数の高いACアダプターが必要か?あと、マザーボードの交換自体が猛烈にめんどくさい。
  • 動画を素早くAV1ハードウェアエンコードするために、格安でできるintelグラボの装着を検討しているけど、そうなると必然的にACアダプターの交換が必要。120Wじゃ絶対に足りない。
  • どうもハードウェアエンコードはCPUエンコードと比べて画質が劣るとの噂。しかしグラボなしだと、2スロットもある拡張スロットがさみしいので悩みどころ。一番安いA310でも、ブラケットは1スロットだけど内部の幅的には2スロット使う。
  • PicoPSUを搭載している理由としては、静音かつ低排熱を目指すため。もともと使用していたSFX電源では、平常時でもうるさかった。
  • 3台あるSSDそれぞれに異なるOSをインストールしているけど、やろう・見ようと思っていたゲームや動画のあと、そのままぐだぐだと余計な用事をせずにすぐシャットダウンして寝れるよう、専用のOSがほしかったため。PC自体を別々にしていたこともあったけど、カスタム費用がかさむうえに、何台も身の回りに置いても扱い切れなかったので、やむなく一台にまとめた。せめてOSだけは別で。
  • ゲーミング用の16GB×2枚のメモリが余っているけど、虹色にギラギラ光るのが嫌なので保留中。
  • 下記のサーバーPCのものと同じ16GB×1枚のメモリも余ってるけど、本PCのマザーボードにはメモリが2枚までしか挿せず、1枚だけ変えると種類の違うものが混在することになる。それで問題がないのかわからないので、これも保留中。
  • マザーボード裏面にもm.2を差し込めることが発覚。あと1つ余っているSATAにDVDドライブを搭載したうえで、さらに予備ストレージを搭載できるようになるけど、裏面なので発熱が心配。
  • wifiモジュールを外して、そこに現れるm.2をPCI-Eに変換して、余っている拡張のもう1スロットを埋めるのもありだけど、今のところ他に挿したいPCI-Eのパーツがない。
  • ATX電源ユニットを使用していないので、ケースの電源ユニット装着部分が空きっぱなし。

サーバー用PC

パーツ構成

部位パーツ名備考
ケースAbee acubic D20もう手に入らない貴重品。
マザーボードAsrock N100DC-ITXCPUと電源一体型のマザーボード。
メモリ型番不明16GB×1。
USB充電器素直な虹 PD 充電器 100W USB-C Type C (正式な型番なのかどうか不明)怪しい中華製100W。USB Type-Cから5.5×2.5mm DCプラグへの、怪しい中華製変換器も併せて使用。
m.2 SSD型番不明500GB。Ubuntuをインストール。
2.5インチSSD型番不明500GB。データ保管用。ガリガリ鳴らしたくないので、普段使用するのはこっち。
2.5インチHDD型番不明500GB。上記SSDのバックアップ用。
ケースファンAbee標準のやつ。3ピンソケットなので、回転数が常に700程度で一定。
PCI-EPLEX PX-W3PE5TVチューナー。
  • 取り扱い注意なネジに関しては、CS01と同じ。
  • D20は拡張スロットが1つしかないけど、TVチューナーが1スロットで済むので収まりが良い。
  • Abeeはすでに存在しないメーカーであり、CS01以外のケースは新品がもう無い。中古ですらオークションでもめったに出回らないので、このD20は丁重に扱わないといけない。
  • データ保管用ストレージが500GBでは、録画を保管していると正直言ってぜんぜん足りない。のちのちもっと容量の多いストレージに変えたいが、高速なSSDでは高すぎる。3.5インチHDDではガリガリうるさく、2.5インチHDDは静かだけど取り扱いが少ない。
  • DVDドライブ用のフタが付いているけど、DVDドライブが入っていないので意味がない。飾り。
  • 当ケースを買うときに見ていた商品ページには、ケース名がD40と表記されており、そのときは大きいケースを探していたのでD40で良いと思っていたけど、実際は誤表記であり、届いたのはこのD20だった。でも結局はあまり拡張することがなかったので、今となってはD20で良かったと思う。
  • Ubuntu22.04でBtrfsフォーマットする方法がわからない。ext4しか使えないせいで、システムをtimeshiftするのも、バックアップへrsyncするのも時間がかかるし容量を無駄に食う。
  • ドライバーの都合上、OSはUbuntuが必須条件なのが悩みどころ。Manjaroと比べてUIが使いづらすぎる。
  • kubuntuだったらデスクトップ環境が、Manjaroと同じKDE Plasmaなので、使い勝手がなんとかなりそう。ただ、OSを入れ直すとドライバー類もまた入れ直しになるのが面倒なので、いったん保留。このPCを直接操作することも少ないし。
  • 録画用サーバーとWebサイト用サーバーは、もともと別のPCに分ける予定だったけど、先述の普段遣いPC同様、これも別々だと費用がかさむし扱いきれなくなるので、結局は1台だけにまとめた。
  • m.2 wifiスロットが空いているので、そこにPCI-E変換を入れて、2.5Gbps対応の有線LANカードを差し込むのもあり。ただしそうすると、D20にはもう空きスロットがないので、カードを外に放り出さないといけなくなる。スロットが1つ余っているCS01と交換するのもありだけど、凄まじく手間がかかる。
  • m.2 wifiは本来は名前通り無線LANカード用スロットだけど、何度やってもアンテナがうまく装着できず破損させてしまったことが過去にあるので、もう二度と無線LANカードとは関わりたくない。
  • ATX電源ユニットを使用していないので、ケースの電源ユニット装着部分が空きっぱなし。