たのにち・日記 2024/5/18

あれ?EPGStationの録画予約に、なぜかクレしんが入ってる。入れた覚えないのに。何でゾ。
と思ったけど、まさかのプリキュアとのコラボ回でした。わんだふるぷりきゅあというキーワードで予約していたけど、タイトルだけじゃなくてたまたま概要欄も検索対象に入れていたのが良かった。

危うく見逃すところだった…。だって、プリキュアの放送時間中に、とくに告知がなかったので…。Webも頻繁にチェックするわけじゃないし。
それにしても、リアルタイムでしんちゃん見るの何年ぶりだろう…。金曜日という感覚がまだ頭の中にこびりついてる。
えっ?じゃあ今の世の中の金曜日って、もうもぬけの殻じゃない?

しんちゃん風の絵柄になってもワンダフルとフレンディはかわいかった。よかった。


土曜日の夜は、BSでずん喫茶を見るのも楽しみの一つ。去年の大晦日にたまたま存在を知って以降、ずっと予約入れてます。
といっても、いつもは翌日に録画で見たけど、ちょうどリアタイできるタイミングだったし、なおかつ普段遣い用PCにLibreELECを追加で入れたばかりなので、ここからリアルタイム視聴を試してみることに。

すると、フレームレートが30じゃなくて60の番組であったことが発覚。ぬるぬる動いてました。
そして放送後にそのままLibreELECで録画を見てみると、そっちでも60fps。

ということは、以前までManjaroを起動してVLCで見ていたけど、VLCの何らかの設定がおかしいということ…?
設定のいたるところを見回しても、フレームレートに関しての項目が見当たらないんですよねぇ…。謎ゾ。

でも、テレビ番組とか映画に関しては、60より30fpsの方が雰囲気あって良い気がする。ゲームに関しては断然60fpsの方がいいけど。


Arcとは?注目ブラウザの特徴や使い方を解説! | 東京のWeb制作会社 株式会社クーシー

最近、ChromiumベースのArcとかいうブラウザが人気のようだけど、タブをサイドバーの中で縦に並べてるのが、もしかしたらちょっと良さそう。
ブラウザにしろ、Windowsでいうところのエクスプローラーにしろ、今までタブが横並びになってることに何の疑問もなかったけど、タブは横向きっていう固定概念にとらわれてましたね…。

いざ試そうと思ったけど、Linux版がない…。どうして…。
ChromiumだったらLinuxもあるのに…。

というわけで断念。Chromiumベースのブラウザは、引き続きVivaldiで行きます。
というか今は、ChromiumじゃなくてFirefoxの方をメインで使ってます。Linux版のVivaldiだと、ウインドウに影が出ず、背後のウインドウに溶け込んでしまう問題があるんですよねぇ。
どうしてもFirefoxで崩れるページだけはvivaldiで。

とりあえず、ArcのLinux版がいつか出るかもしれないというわずかで勝手な希望を、頭の片隅に入れておくだけ。


楽天Kobo史上初のカラー電子ペーパー搭載リーダー「Kobo Libra Colour」「Kobo Clara Colour」で実際に電子書籍を読んでみたレビュー - GIGAZINE

カラーの電子ペーパー式の電子書籍リーダーって、以前までは身元不明の怪しい中華製しかなかったけど、やっとまともそうなやつが来てくれた。おまけにその中華製よりも安い。
おそらくだけど、OSがAndroidじゃなくてオリジナルなのも良い。純粋に電子書籍リーダーとして使えそう。
ただ単に電子書籍としての機能だけ欲しいのに、Androidにされてしまうと余計なアプリを入れて余計なことに時間を費やす生活に戻る恐れがあるので…。
さすがに、自前のpdf入れて開くのもOKですよね…?まさか、楽天のストアから買った、DRMつきのデータしか読めないなんてことはないですよね…?

ここまで書いておきながら、最近は電子書籍リーダー使ってない…。
以前までは自転車通勤中、マウントに取り付けた電子書籍リーダーを信号待ちの間によく読んでいたけど、今は転職してしまって通勤距離がはるかに短くなったので、持っていくほどでもなくなってしまった。
病院の待合室とか、最近は何も本が置かれなくなってしまったので、そういうときの暇つぶしに欲しくなるけど、持っていくのをよく忘れる…。仕方ないのでスマホを取り出して、何も変わらないページを上にスライドしてひたすらリロード。


サーバーPCにインストールしているUbuntuのUIが、Manjaroに比べて使いづらすぎる…。かといってUbuntuじゃないと動作しないドライバーも多い。
よっていずれは、Manjaroと同じデスクトップ環境であるKDE Plasmaが搭載されている、Kubuntuへの乗り換えをしたいところ。これなら間違いなく使いやすいし、Ubuntuベースだからたぶんドライバー類も問題ない。

KDE neon - Wikipedia

一方で、UbuntuベースかつKDE Plasmaが搭載されている、KDE neonというOSも存在していることを発見。
Kubuntuとほぼ同じに見えるけど、Wikipedia先生によると、Kubuntuは安定版アップデートしかしないのに対して、KDE neonは開発版アップデートもするとか。
ということは、アップデート頻度が多そう。うーん、それめんどくさいな。アップデートするたびに壊れてしまうドライバーがあるので、頻度少ないほうが助かる。やるとしたら、Kubuntuでいいかな。
むしろ、問題なく動作し続けている限り、OSのアップデートなんてしなくていいと思う…。


何がきっかけだったか、IRCという単語を久々に見た…。詳しい仕組みはわかってないけど、自前のサーバーでやるチャットだったはず。大昔、なんかのゲームの集まりのときに使った気がする。
最近のチャットはDiscordが主流だけども、ぶっちゃけ最近あんまり好かなくなってきたんですよ…。
アップデートのたびに強制的にでかでかとお知らせが出てくるし、ヘンに馴れ馴れしいノリのテキストについていけない。
よほどのことがなければ影響がないけど、各自でルームを建てたところで、すべてDiscord公式サーバーに収まってるから、運営の検閲を受けることになるのもなんだか。

SNSだって一大勢力だったTwitterが今や荒れ地になって、mastodonとかblueskyのように各自でサーバー建てるタイプが増えてきたから、チャット系もまたそうなっていくんかな。