良いこと日記。 2021/10/19

良いこと日記。 2021/10/19

スポンサーリンク

飲食店めぐり。

勤務中のお昼はいつも持参の弁当なのですが、今日は用意できませんでした。

よって、普段はあまり行くことのない外食へ。コンビニ飯はいつでも買えるし…。

大昔の自分だったら、大通りの交差点付近によくある、同じく昼食中のサラリーマンが大勢居座る、現金で食券を買わないといけないタイプのラーメン屋に、よく立ち寄っていました。

もちろん今食べてもうまいものはうまいのですが、食べたあとに口に残り続けるのが、どうもきつく感じてきました。まだ仕事中だしね…。

だから今は、交差点より少し離れたところ、気をつけて眺めていかないと存在に気づきにくいような、カフェやらバーやらを探すのが楽しみに

ややお高い料金の割にはほどほどの量で、がっつり食えるわけではありません。でも、食べすぎはあとに響くので、これくらいで良いのかもしれません。

これまで自分が触れてこなかったような、おしゃれなものに囲まれた店内の雰囲気が新鮮で、店員さんは慌ただしくしているわけではなく、お客さんも大勢が黙々と食べているわけでもなく。

そして、常連と思われる方々のおしゃべりに聞き耳を立てながら、パスタをすする…。

つまり、知る人ぞ知るって感じの店を探すのが楽しいんですよね。世界が広がります。

歳を取った証拠かも。

よく見るテレビ。

せっかくだから飲食店つながりとして。

一人暮らしをしていた間は地上波のバラエティ番組なんてめったに見なかったのですが、実家に戻ってからは食事中に両親がよく見ているため、どうしても一緒に見てしまうことに。

やっぱりたいていは見ようとは思わないものばかりなのですが、そんな中でここ最近の番組でお気に入りなのが、火曜に放送されているオモウマい店って番組。いつもは一時間だけど、今日は二時間。

基本的には、とんでもないドカ盛りなのに激安な飲食店が取り上げられているのですが、それだけだと他の番組でもたぶんよくあること。

そこに、店主や常連の破天荒な言動や、なぜか営業時間に全く関係ない日常生活にも注目したりと、店を取り巻く人物の人柄に焦点を当てているのが珍しいところ。

さらに、メインとなる出演者は店主やお客さんやAD、つまり素人がほとんどで、著名な芸能人はワイプからツッコミに徹するだけなので、知名度ありきではなくちゃんと内容重視で番組を進行してくれます。

ワイプを出すにしても、他の番組だとただ意味もなくうんうん頷く顔を映しているだけなので邪魔ですが、この番組だと常にツッコミをしてくれているので、ちゃんとワイプの意味があります

あと、VTRのあとはスタジオに戻って、テーマと全く関係ないトークをして全然内容が進まないっていうのも、他の番組だとありがちなのですが、そういうテンポを削ぐ無駄なシーンが無いのもとても良い。

毎週楽しみにしております。ただ、あんなむちゃくちゃな店舗が無数にはないと思うので、何年も番組が続くことはなさそうな気もしますが…。

モダンウォーフェアに進展が…?

以下は、ゲームの話ばっかりです。まずはコールオブデューティーの話。

ブラックオプス コールドウォーの発売以降、すっかり沈黙することが多くなってしまった、モダンウォーフェア担当のInfinity WardのTwitter

そんな中、久々にツイートしてくれたので、もしやモダンウォーフェアに何かアップデート来たか!?と思ったのですが、求人情報についてでした。

ただ、一昨年はInfinity Wardによるモダンウォーフェア、去年は Treyarch によるブラックオプス、今年は Sledge Hammer によるヴァンガードが登場。

このローテーションから考えると、来年は Infinity Ward による新作が登場する可能性が高いため、そのための求人なのかもしれません。

正直言って全体的な完成度はブラックオプスよりモダンウォーフェアの方が高く、ヴァンガードも基本的にはモダンウォーフェアをベースにして製作されているため、来年のCoDにますます期待が高まります。

かといって今は全く情報がないので、おとなしくまずは来月のヴァンガードを待ちましょう。

ブラックオプスのハロウィン。

日本時間における明日から、ブラックオプスおよびウォーゾーンにおいて、ハロウィンイベントが開催予定となっております。

詳細は上のリンクを翻訳しながら見ていただくとして、個人的に注目したいのはブラックオプスにおいて、みんな大好きNuketownがハロウィン仕様になること。

マップの構造自体は変わらないと思いますが、いつもの狭くて猛烈に激しいに加えて、ハロウィン特有の演出が盛り込まれると思うので、どうなるか楽しみです。

過去の話になりますが、セントパトリックデーのときにはクローバーをテーマにしたStockpileが実施されていました。

Stockpile自体があまり出現することのないモードであり、セントパトリックデー特有の演出に加えて、Stockpileモード自体の面白さもあったので、かなり楽しめました。

(MWでいうところのGrindに近いけど、自分および味方が落としたタグを拾っても自軍のスコアにはできず、拠点でタグを保管するスピードが速くなっているという違いあり。)

そんな感じで、今回のハロウィンではProp Huntという存在自体が珍しいモードに、ハロウィンの装いを加えて登場なので、期待したいところ。

なお、ウォーゾーンの方でもハロウィン限定のモードが登場するのですが、ぶっちゃけ現在開催中のClashおよびPayloadが終了してしまう悲しみの方が強いです…。

新モードも説明をざっと見た限りは基本的にバトロワっぽいのですが、バトロワだけは本当に好きじゃないので、明日からはしばらくブラックオプスだけで充分そうです。

とりあえず、ちゃちゃっとイベントをクリアして、LAPAとかいう新しいSMGを手に入れてしまいましょう。

FH5 シーズン一周目の報酬リスト。

来月に発売を控えている Forza Horizon 5。

そのシーズンの第一周目で獲得可能な報酬の一覧が公開されました。

なんといっても注目は、映画バックトゥーザフューチャーでおなじみのデロリアンが初登場していること。

残念ながら私はその映画を見たことがないので何とも言えないのですが、映画好きなら絶対に抑えておきたい車種のはず。

その他様々な車種も獲得可能であり、第一週目である以上、みんなまっさらの状態からスタートのはずなので、ぜひ全車種獲得を目指したいところ。

また、もうひとつ気になる点として、進捗率の表示がパーセントではなくポイント表記に変わっていること。

FH4のときだと80%を目指さないといけなかったのですが、各チャレンジで進捗率の増加量が異なるうえに、何%増加するのかわからないのが難点でした。

でも今回から、どうしてもクリアできないチャレンジはスルーして、他はどれをクリアすれば46Pに達することができるか、計算しやすくなっているのが嬉しいです。

チャレンジ内容を見てみると、個人的にめっちゃくちゃ苦手なドリフトゾーンが含まれているので、これは無視して他の消化していくことになりそうです…。

幸い、ドリフトゾーンでもらえる報酬は他のスタント系と同じく、そこまで重要度の高くないホイールスピンですし。

ライダーズリパブリックが4時間だけ無料で遊べる!

つい何日か前に1日限定先行アクセスが終わったばっかりのライダーズリパブリックですが、21~27日までの間、発売前であるにも関わらず、なんと4時間だけ無料でプレイ可能になるようです。

買おうとは決めているものの、PC版の場合はやけに高い値段のせいで、なかなか購入に踏み切れずに居るのですが、これで購入の決め手になるかもしれません。

ただ、遊べるのは4時間だけと決まっているので、いつ遊ぶかが問題ですね。平日、仕事から帰ってきたあとでも、4時間まるまるは取れませんからね。

やっぱり無難に土日でしょうか。そのときなら、周りに他のプレイヤーもうじゃうじゃ居るでしょうから。

また、最大60人で行われるマスレースで10位以内に入ると、なんと製品版をタダでもらえるチャンスがあるとのこと。

しかし、マスレースは1時間に1回の開催であるため4度しかチャンスがなく、そもそも10位以内にすら入るのが難しいレースです。入賞できても抽選なので当たるかどうか。

とりあえず、もし当たったらフレンドにプレゼントするくらいの気持ちで行くのがいいかもしれません。

当てることに期待して購入を控えていたら、発売後しばらく遊べない期間が出ますからね…。

ETS2が9周年。

Euro Truck Simulator 2 が発売9周年を迎えたようです。ものすごい長寿タイトルになりましたね…。

9年経っても第一線で活躍できるゲーム性とグラフィック、そして絶えないプレイヤー数は、素晴らしいと言わざるを得ません。

でも、そんなETS2を私が本格的に始めたのは、今年に入ってから。

9年の長い積み重ねによりどんどん拡張されたマップを、まだほんの少ししか走れていません。

ゲーム自体は前々から所有していたのですが、クルマそのものの良さに目覚めたのも今年からなので、ほんともっと早く目覚めたかった…。

これからもわが痛車トレーラーが、ヨーロッパの大地を走り続けます。

と言いつつ、次はヨーロッパどころかロシアが拡張されるみたいですけどね。

宇宙野球

今日一日、鼻水くしゃみをずっとこじらせていました。仕事どころではありませんでした。ぶっちゃけ、こうしてブログを書いている場合でもありません。

よって、帰宅後は寝そべってテレビを見ていることがほとんどだったのですが、通勤中だけでなくこういうときもスマホゲームが良いおともになります。

よって、昨日に引き続いてハチナイに勤しんでおりましたが、今日はがっつりとわがチームの強化の日です。

でも、いつもオート任せの試合をふと眺めていると…。

われわれと同じ地球におけるお話ではないのかも…。

あと、お気に入りのキャラが風属性なので、風属性中心のチームを組んでいたのですが、ちょうど良いことに今おこなれている難関イベントが、風属性有利になる内容。

風属性がさらに強化できるキャラが当たるガチャも開催されており、これまで溜めていたナインスターを一気に消費。

10連ガチャを計6回で、限定キャラ3種を各一枚ずつ引き当てることができました。これはラッキーのうちに入るのでしょうか。

いや、おそらくラッキーでしょう。10連6回で確実に1キャラと交換できるコインが1枚手に入るのですが、ガチャから全く当たらなかった場合、3キャラすべてもらうのに最大18回はやるハメになるので…。

とりあえず、ガチャ自慢は恨まれる恐れがあるし、なおかつ強化素材が尽きたせいで、せっかく当てたキャラがまだ役に立たない状態なので、いったんここまで。

誰もが永遠に遊べるテトリス。

良いことというわけでもないのですが、ついでに。

大昔からよくあるキーホルダー型のテトリスですが、母はそれだけが唯一、長年遊び続けているゲームです。

しかし、もう十数年遊び続けているためか、ガタが来てしまいました。電池交換してもダメ。

このままじゃ母が遊べるゲームがないので、新しいテトリスキーホルダーをプレゼントしてあげることにしました。

【テトリス社公式ライセンス製品】キーホルダー型携帯ゲーム機『テトリス( R )ミニ (クリアピンク)』 – Amazon.co.jp

そして実際に遊んでもらったのですが、どうも短時間でゲームオーバーを連発。母いわく、今までのやつと全然感覚が違うとのこと。

以前まで遊んでいたのは公式ライセンスではないテトリスであり、いくらゲームを進めても落下速度は速くならず、下キーで落下させるときはキーを押している間だけ加速する仕様でした。

しかし今回買ったのは、徐々にスピードが速くなるうえに、下キーを押したときの加速を途中で止めることができず、地面に着くまで止まらない仕様でした。

だんだん速度が上がるのは当たり前、むしろ速度がずっと一定だった以前のテトリスがおかしいと言えるのですが、下キーによる落下が途中で止められないのは、公式じゃ当たり前なのでしょうか?

いくら公式でも、他のテトリスではそんなことなかった気がするのですが…。

とりあえず母は、慣れるまで頑張ると言ってくれたので、ひとまず様子見です。