良いこと日記 2021/10/14

良いこと日記 2021/10/14

CoDのこと。

イッピカイエーって何ゾ?

BOCWにて、マクレーンだけネイルガンの持ち方が他のキャラと違う!初めて知ったので、これが今日の良かったこと。

…それだけじゃ短すぎるので、もうちょっと。

ネイルガンといえば、弾がたった15発しかないうえに、連射力も弾速も射程距離も弱いという弱点があるのですが、至近距離であれば3発でキルできるという、ロマン溢れる武器となっています。

状況次第ではありますが、サブウェポンにしては高い威力を発揮します。

そして、カチャカチャ言う発砲音が、なんか好き。

ただ、普段はメインウェポンとしてSMG、特に近距離特化と言えるMAC-10ばっかり持っていっています。

MAC-10もネイルガンも、どっちも至近距離向けという点が同じであるため、わざわざネイルガンに切り替える必要性が薄いのが残念なところでしょうか…。

MAC-10の弾切れ時にとっさに取り出すというのもありなのですが、MAC-10の方にはリロード速度を上げるマガジンをつけているので、ネイルガンを取り出すよりマガジン交換の方が速いような。

ワイルドカードをガンファイターからPERKグリードにして、速度の上がるマガジンをやめれば、ネイルガンを使う機会は増えるかも。

久々にロードアウトについて考える時間を楽しめたので、今日の良いこととしておきます。

武器切り替えが苦手ならいっそ、サブウェポンはシールドを背負いっぱなしにするという手もあるのですが、それができるのはBOCWじゃなくてMW。

なお、本日の戦績は3勝3敗。全体から見れば良くも悪くもないのですが、1試合だけトップの成績が取れたので、良しとしましょう。

買いたいときが買い時。

知らないメーカー…。

今月に入ってからすぐに、グラフィックボードをGTX1660 SUPERからRTX3060に買い替えました。

長らく品薄が続いていたグラボですが、ようやく定価で店舗に入荷されていました。

ファンの音や熱気は少々上がってしまったものの、その分性能も確実に上がっており、なおかつ今のところは動作不良を起こす様子も一切ないので満足。

ASRock,GIGABYTE,玄人志向からRX 6600搭載カードが発売。価格は5万円台半ばから6万円前後

しかし、グラボを買い替えしてからほんの数日だと言うのに、上のリンクのように、RX6600発売とのニュースが…。

メーカーの違いはあるものの、RTX3060とほぼ変わらない値段であるにも関わらず、RTX3060よりも性能を上回っている…!?

くそー!RTX3060を買ったのは失敗か!?

…そんな思い込みをしていましたが、私の勝手な勘違いでした。

RTX3060よりも性能が良いのは、RX6600よりも先に発売されていたRX6600 XTの方であり、しかも価格はRTX3060より高いです。

RX6600 XTは、RTX3060 Tiみたいなものでした。

つまり、RTX3060とRX6600はほぼ同性能であり、RX6600発売を待たなくても、すでに発売済みのRTX3060で充分だったというわけです。良かった。

もしRX6600の発売を待っていたら、その間は古いグラボでゲームをやり続けていたことになりますからね…。今どきGTX1660 SUPERなんかじゃ、もう保たない!

あと、「GTX1050Tiは発売当時だと1万円代だったから、今のグラボは定価でも異常」って感じのツイートを見かけてしまいました。

「いくら定価に戻ったとはいえ、やっぱりRTX3060買うの早すぎたか!?」ってまた思い込んでしまいましたが、安くなるまで待っていられないし、メーカーが定めた以上のぼったくり価格で買わなかっただけ良しとしましょう。

買いたいときが買い時」、某店舗でよく聞くフレーズですが、まさにそのとおりですね。この一言になんか救われた気分です。

War Thunderの日本サービスが5周年。

当ブログではまだ記事を上げられていないのですが、いちおうWar Thunderもたまに遊んでいます。

ただ、もともとはSteamから遊べた本作なのに、5年前にDMMが日本における運営に関わるようになってから、日本からではSteamで起動することが不可能になってしまいました。

さらには、ただでさえ課金アイテムを買うのはGaijin.netのポイントをチャージして買わないといけないのに、そのGaijin.netポイントをDMMポイント経由で買わないといけないので二度手間です。

ぶっちゃけ、めんどくさいことこの上ないので、DMMに対してはただただ恨みしかありませんでした。おとなしくR18ソシャゲだけやってろ。

ところが、DMMによる日本サービスが5周年を迎えたもようです。

「War Thunder」,開発者メールインタビューをお届け。DMM GAMESでの日本サービス開始から5年で何が変わったのか

日本限定で5周年記念の豪華なキャンペーンだけに留まらず、DMMが関わるようになってから日本ユーザーの数が増えていることと、日本製兵器の実装にも協力していたことを、初めて知りました。

こうなると、日本における利益を貪っているだけの存在として文句をぶつけ続けることは、恥ずべき行為ではないかと思うようになってきました…。

何かしら理由があってゲームに関わっているはずなので、良いことと思うことにしましょう。

起動周り、課金周りがめんどくさいことは変わらずなのですが、新旧問わず無数の陸海空兵器を収録しているゲームは他にないので、これからも発展を願います。

たまには起動しなきゃ。

ただの作業メモ。

朗報!OSX LibreOffice7系統のメニュー文字化け回避について | 興味の方向Ver3

職場のPCはMacなのですが、LibreOfficeがしょっちゅう文字化けを起こすのに困っていました。

でも、上記リンクに記載されている手順で解決しました。fontsのフォルダをいったん別名に変えるとのこと。

ぶっちゃけ、WindowsよりMacが優れている点は、テンキーの0とピリオドの間にカンマがあることくらいしか思いつかない…。しかも、ソフトじゃなくてハードの話だし。

あと、Adobe Illustratorでテキストに輪郭線を外側につけたいとき、わざわざアウトライン化しないとできないと思い込んでいたのですが、アピアランスから新規線を追加して、文字レイヤーの下に配置すれば外側に輪郭線があるように見せかけることが可能でした。

アウトライン化するとテキスト編集ができなくなってしまうので、これでやり直しが効きますね。というか、わざわざアピアランスをいじらなくてもテキストの輪郭線を外側に付けられるようにしてほしい。