Bus Simulator 21、とりあえずチュートリアルをプレイ。

Bus Simulator 21、とりあえずチュートリアルをプレイ。

普段からよく遊んでいるETS2&ATSのように、車種こそ違うものの何かを運ぶという点では同じの本作。

気になってるゲーム、Bus Simulator 21

これを買おうとしている人の大半はおそらく、ETS2およびATSの経験者…。 Eu…
tanoshi-nichiyo.com

前々から気になっていたものの、ようやく Bus Simulator 21 をプレイできました。

ひとまず、チュートリアルで初めの路線を一周終えたところまで遊べたので、そこまでの感想です。

まずニューゲームを起動したときに、体験の選択という画面があるのですが、全く初めてのプレイの場合は、デイ・トリッパーを選ぶことをおすすめします。

他のモードではチュートリアルがないので、いきなりバスも持ってない状態で路上に放り出されます。

目的地までただひたすら走って荷物を届ければ良いトラックと違って、バスは運ぶものが乗客です。

そのため、各バス停間の距離はそんなに長くなく、接客を求められることが多々あります。

まずドアのオープンから始まり、乗客の乗り降りを確認できたあとは、乗車券を持っていないお客様に対しては要望どおりの発券を行い、車椅子のお客様に対してはスロープを降ろしてあげて、入り口を塞いでしまっているやつに対しては、運転席から立って直接退くように注意したり…。

そもそも始発点から発車の時点でも、車内のライトをすべてオンにしたり、エンジンのかけ方にも一癖あったり、サイドブレーキも外し忘れないようにしたりと…。

すでにチュートリアルの段階で、覚えないといけない操作がなかなか多くて大変です。

でも、発車や接客に関しては設定によって省略可能なので、走りに集中したい人でも安心かもしれません。

とはいえ肝心の操作性ですが、バスとトラックという違いがあるにしても、挙動がどうも軽く感じます。ハンドリングが効きやすすぎるというかなんというか。

チュートリアルも微妙に不親切なところがあり、サイドブレーキを解除して発進しろと言われてもなぜか発進できず、原因はドアを閉めていないから。

ドアを閉じろと指示が出なかったのですが、Xboxコントローラーの場合はXで開閉できます。

あと、せっかくの珍しいバスのゲームで、なおかつ実在のバスも収録されているのに、撮影モードが無いのは致命的でしょうか…。

とりあえず、まだまだ発展途上って感じですが遊べないことはないので、クルマ関係でこういうゲームもあるんだなと、記憶の片隅にでも留めてもらえれば。

マイペースにひたすら運転したいのであれば、バスではなくトラックですが、素直にETS2とATSをおすすめします。