良いこと日記。 2022/5/29

良いこと日記。 2022/5/29

主にブログ関係の作業を片付けておりました。

スポンサーリンク

ミニカーメモ。

Spark ロータス エラン S4 スプリント 1/43ミニカー。
https://tanoshi-nichiyo.com/1313 以前にもエランスプリントは紹介したのですが、黄色だけでしたし、ケースからも開けていませんでした…
tanoshi-nichiyo.com
MINICHAMPS ポルシェ911カレラ 1/43ミニカー。
911シリーズは知名度の高いマシンなので、911のミニカーも無数に種類が存在するのですが、今回は紫のボディであったことを決め手にして購入しました。 紫のクルマっ…
tanoshi-nichiyo.com

これでようやく、今所有しているミニカーすべての記事を書き終わりました。

とはいえ、好みのマシンのうちの一つであるエランは狙って購入したものの、他のものは店に入ってたまたま見かけたものから、安かったものをとりあえず選んだというがほとんど。

思い入れはやはり、エランがダントツになります。

ミニクーパーも好みのマシンではありますが、今持っているのは安物…。悪くはないけど、もっと満足できるものがあるはず。

近辺のミニカー屋も回り終えたし、今度からは車種を狙って、質の良いもので身の回りを固めていきたいところ。

今持っているものも飾るスペースがないので、ちょっとは手放すべきかな…。

ライレー エルフ 1/43ミニカー
購入店舗。 久々のミニカー探索でございます。 https://tanoshi-nichiyo.com/4516 4/1の日記に書いたとおり、訪れたことのないミニ…
tanoshi-nichiyo.com

あと、ウーズレー・ホーネットという、ライレー・エルフとほぼ同じの車種があることを初めて知りました。

ミニカーも同じく、VITTESEから出ています。

ただ、じっと見比べても違いがほとんどわからず、無理してでも集める必要性は薄いかな…。

そもそも、どちらもミニクーパーがベースです。

WordPressメモ。

URL貼り付け時の挙動。

当サイトでは現在、yStandardというテーマを使用しておりますが、URLを記事に貼り付けるとys_blog_cardというショートコードになってしまいます。

テーマというのは外観面に影響を与えるものなのに、機能面で影響を与えてしまうのは、いかがなものかと。これだと、他のテーマに切り替えたときに問題が出るのでは。

と思ったのですが、ライブプレビューで他のテーマに切り替えて記事を開いてみたところ、ショートコードだった部分は、Wordpress標準の挙動に差し替わっておりました。

ショートコードがそのまま本文中に出てしまうことはありませんでした。

つまり、Wordpressで作成されているサイトの場合は画像付きリンクが表示されて、別のサイトだった場合はただURLが載せられるだけ。

でもそれでは記事を読むうえで不便なので、とりあえず今は、yStandardによるショートコードへの置き換えに任せることにします。

仮に他のテーマに変えるにしても、一括置き換えのプラグインなどで対処できそうですしね。

自動でメディアへのリンクを付けたい。

記事にメディアファイルを貼り付けるとき、ブロックエディターを使用していると、メディアをクリックしたときのリンク先が、デフォルトでは「無し」で固定されてしまっています。

これじゃ、元の解像度の画像を見せることができません。

かといって、いちいち手動でリンクを足していくのは面倒です。

よって、下記のコードを現在使用しているテーマのfunctions.phpに入れることで解決です。

サイトにコードスニペットを追加するための、簡単、クリーン、そしてシンプルな方法。
ja.wordpress.org

functions.phpを編集できない場合は、Code Snippetsというプラグインを入れるのがおすすめです。

というより、先述のようにテーマで機能面に影響を与えてしまうのは良くないので、やはりテーマに依存しないCode Snippetsのほうがいいでしょう。

option.phpにアクセスして、image_default_link_typeを変更するという手もあったのですが、Wordfenceをインストールしているとブロックされてしまいました。

ブロックされなかったとしても、他の値をうっかり書き換える恐れがあるので、やはりCode Snippetsで。

ちなみに、どういうわけか逆に、リンクなしをデフォルトにしたいという、まだブロックエディターがなかったころの古い記事ばかりが検索にヒットしてしまうので、のちのち今回のことを別記事にまとめたほうがいいのかもしれません。

記事インポート時に画像を楽に置き換えたい。

とうとう別ブログから当ブログへ、過去の記事を一括インポートいたしました。

現在は「まんなかのどようび」→「旧ブログからのインポート」というカテゴリに集約しておりますが、のちのちそれぞれの記事を適したカテゴリへ移動させる予定です。

(現在のブログに合わない内容がある記事の場合は、修正したのちに移動するか、あるいはもう削除してしまう予定です。)

これで別ブログの方は、もう面倒を見る必要がありません。当ブログだけに作業を集中できるようになりましたし、別ブログの方に偏っていたアクセス数もそのうち、当ブログのものになるでしょう。

ただ、インポートの際に面倒だったことは、記事だけ移してきても、記事内に入っていた画像が、元ブログのURLのままになってしまうこと。

まだ元ブログが生きている限りは画像が表示されますが、のちのち畳む予定なので、それ以降は画像が映らないことになります。

かといって、画像を一個ずつダウンロードして貼り替えていくのは、超絶めんどくさい…。

Automatically detect external images in the post content and import images to yo…
ja.wordpress.org

というわけで、Auto Upload Imagesというプラグインを入れると解決です。

設定はとくにありません。プラグインを有効にしている状態で、記事本文を保存することで、自動的に別サイトのURLになっている画像を、メディアライブラリに登録してURLを置き換えてくれます。

ブロックエディターでも動作に問題ありません。

メディアライブラリで該当画像を開くと、「アップロード先」として該当記事をちゃんと登録してくれます。

注意点としては、xmlインポートでも置き換えを作動してくれるのですが、その場合はメディアライブラリの「アップロード先」を登録してくれず、どこに使われているかわからない宙ぶらりんの画像になってしまいます。

面倒ですが、手作業で各記事に保存をかけていきましょう。

リダイレクトの注意点。

旧ブログから当ブログへ記事を移す際、リダイレクト設定も忘れずに行う必要があります。

今回はRedirectionというプラグインを使っており、これで旧ブログにアクセスされても、当ブログの同じ記事へ自動的に移動するようになっています。

ただ、旧ブログから旧ブログの全く同じURLに移動してしまう、間違った設定をうっかり行ってしまったときがありました。

これだと、無限ループになってしまい、エラーを起こしてしまいます。

本来なら間違って設定を消せばすぐ解決するはずなのですが、どういうわけか設定を削除しても、プラグインを無効化しても無限ループが直りません。

原因不明のリダイレクトでサイトが閲覧不能に。WordPressのプラグインを全て切っても復帰せず、悪戦苦闘した話。最後は意外な結末が。ConoHa WING使用…
izuna127.com

原因は上のリンクに書かれておりました。

記事の内容と同じく当ブログではConoha WINGというサーバーを使っていますが、管理画面にてコンテンツキャッシュをオンにしていることが、誤ったリダイレクトが残ってしまう原因でした。

よって、コンテンツキャッシュをオフにすることで、すぐ解決となりました。

ほんと、キャッシュってサーバー側でオンにしていると、ろくなことが起こらないですね…。

あとは、サーチコンソールからアドレス変更の設定を行えば移転は完全に完了なのですが、サーチコンソールがまだ、リダイレクトを認識してくれません…。

少し日を置く必要がありそうです。サーバー関係の作業は、時間が必要になるからほんときらい。