良いこと日記。 2022/5/14

良いこと日記。 2022/5/14

スポンサーリンク

今日一日CoD三昧。

良いことなんでしょうか…。ひたすら対戦に明け暮れておりました。ちょっと試したい装備を試すつもりだったのに!

夜遅くまでやりすぎて、翌日のニチアサは完全に寝坊です。あとで録画で見ます。

ヴァンガードの話ですが、トップブレイクでようやくロシアンショートとショットシェルとデュアルをゲット。

ただ、全部組み合わせると威力がカッスカス。

デュアルするならショットシェルはやめて、普通のマグナムとして2発キルを狙ったほうがグッド。

ショットシェルを使うなら、一丁の方が離れても一撃必殺を狙いやすかった。

小口径弾がパワーアップしたウェルガンは、ホローポイント弾をつけることで手足ヒットでも3発キルが狙えるけど、長尺弾が付けれないので弾速に劣り、近距離でも当てにくい気が。

長尺弾の方が安定してるかも。

もう一つよく使っているマシンピストルは、40発小口径弾から20発通常弾に変更。抜群に威力の向上を感じます。

弾数は減ったものの、両手で40発になるので充分かも。

一方でブラックオプスの方も進めており、新武器であるUGRをゲット。

反動は軽いし威力も悪くないし、かなり使い勝手の優れた武器です。

でもそれだけだと他のSMGと変わらないので、UGR特有のアタッチメントである炸裂フレシェットを手に入れてからが本番かな。

CARV.2獲得チャレンジも進めているけど、なかなかダブルキルのチャンスが来ないので、進みが悪い…。

ただ、タクティカルライフルの特性上、むやみに突っ込むわけにはいかないのですが、チームデスマッチにおいては、むしろ普段よく使っているSMGより調子が良いかも。きっと、いつもはツッコミすぎなんですね…。

あと、キルストリークの機銃掃射があまりに強いので、誰か一人はエアパトロールを持っていくのが必須な気がする。

とりあえずCoDのことは、いつもの金曜の記事で、また改めてまとめなおそうと思います。

何度も観たはずの映画でも再発見。

ゲームの合間に、スカパーでターミネーター2が放送されていたため観ておりました。

過去に何度もテレビで放送されていたこともあり、そのたびに観てはいるのですが、本当にもう映画史上最高傑作。

ただ、今回見たのはあまり観たことのない字幕版であり、ところどころ吹替版とのセリフの違いがありました。

吹替のうえではもっとも有名であろう「さっさと失せろ、ベイビー」が、字幕だと「地獄で会おうぜ、ベイビー」になっていたり、ターミネーターが腕の皮を剥ぎ取るシーンの「そう、俺はサイボーグだ」は、うろ覚えですが「話がある」みたいな感じになってたような…。

他にも、T-1000がヘリを奪うシーンの「降りるんだ」が「消えろ」になってたり、ダイソンの一人称が「私」から「おれ」になってたり…。死ぬときの「ハッ、ハッ、ハッ…」は同じ。

映画通の人にとっては両方見るのが当たり前かもしれませんが、ほぼ同じ意味のセリフとはいえ、微妙な違いを探すのが楽しかった。

そのあと、これっていつ頃の映画だっけと思ってwikipediaを開き、さらに何気なく関連項目をたどっていくと、何度も観ているはずなのに気づかなかった点がいたるところに。

T-1000がヘリに乗りながらSMGを撃ってくるシーンでは、実は腕が四本になっていたりとか、凍らされてバラバラにされたあとの復活後は、変身能力がバグって下半身だけ白バイ警官の服のままだとか、ターミネーターのOSにはLinuxが使われているとか…。

ターミネーター実現? 中国で液体金属からロボットが作られる【写真】 - 2018年10月28日, Sputnik 日本

中国・蘇州大学のLi Xiangpeng教授が率いる研究グループが、液体金属から…
jp.sputniknews.com
溶鉱炉用意しなきゃ…。(使命感)