冒頭の画像は ホンダ・カブ – Wikipedia より引用。この、白と紺色のカラーリングめっちゃいい。

スポンサーリンク

MTバイクはカブで決まり…?

自分史上最高のプレジャーを感じさせるバイク 筆者が乗るスーパーカブは、オフロード走行を意識した「CC110クロ
kuruma-news.jp

上の記事を眺めておりましたが、記事タイトルどおり2年で2万kmも走ったという、筆者のスーパーカブに対する思い入れにまず驚かされます。

私も田舎に住んでいたとき、まず乗り物がないとどうにもならない地域であったため、タクトで一年に5000kmほど走ったことはありますが、このカブには到底及ばない…。

ただ、走行距離のことよりも驚いたのは、なんとカブはMT二輪でありながら、クラッチが存在しないということ。

MT車にはクラッチが必ず付いているものだと思っていたのですが、そうではなかったんですね…。

私がMTに乗ったのは、今受けている普通二輪MTの教習で使う400ccのマシンが初めてで、乗ってからやっと両手両足それぞれにある機能を把握ほどです…。125ccの小型のことは何も知らない。

話は戻して、カブのギアチェンジは、シフトペダルを操作するだけで良いそうです。

クラッチありのマシンに乗っているとき、走っている最中のギアチェンジには、とくに文句はないのです。(握ってギアが変わり切らないうちにすぐに離してしまうのか、よくガッタンってなってしまうけど。)

発進するときと停止するときのクラッチが、本当に嫌いなのです。

あれほど神経を使う作業は、他にない…。特に発進時、早く行きたいのに徐々にクラッチを開けるという我慢を要求されるなんて…。

(レースゲームだとこんなことを要求される場面はないので、クラッチありMTでも面白いのに…。)

まだクラッチに充分に慣れていないせいもあるのですが、そんな厄介なクラッチから解放されるとなると、もしMT車を買うなら、カブ一択かもしれません。

(だったらATで良いんじゃないと言われそうだけど、先述のとおりMTでもギアチェンジだけは嫌いじゃない。)

ただ、カブには150ccがないのが惜しいところ。せっかく普通免許を取ろうとしているのに、それを生かせない。そこら中で見かけるピンクナンバーになってしまう。

とはいえ、仮に普通免許を取ったとしても、最大限に神経がすり減るであろう高速道路に行こうとは思わないし、何よりMT車だとカブのデザインが一番好き。

WordPressメモ。

仕事のうえで関わっているサイトにて、記事のタグを直接入力じゃなくて、登録済みのものを一覧から選べるようにしてほしいと言われました。

つまり、カテゴリと同じ入力方法です。

WordPressに標準で実装されている「タグ」は、カテゴリーのように階層が存在せず、自由に入力したりよく使わ
techmemo.biz

こちらのサイトに書かれているコードを、functions.phpに貼り付けるだけで、すぐ解決しました。

WordPressの「カテゴリー」と「タグ」をどのように使い分ければよいのか解説します。本屋をイメージして記事を探しやすい構成にしてみましょう。よくあるタグNG…
naifix.com

それにしてもタグって、全然使ったことないですね…。

カテゴリよりさらに細かい分類で付けていくことになると思いますが、それはそれでタグ内の記事一覧を開いても、一件しかないようなタグばかりになりそうでめんどくさそう。

War Thunderメモ。

Victory dayというイベントがこの日が期限なので、ひとまず進めておりました。

それぞれランク3以上のマシンで、貢献度70%以上を3試合、地上戦で合計20000スコア以上、海戦で合計20000スコア以上のチャレンジがあったのですが、戦車と船はランク3を所有しておらず…。

よって、空戦で3試合だけ済ませて、デカールをもらっておきました。ちなみに試合結果の方は、相変わらずボロボロです。

なるべく上から敵を攻めるように心がけているのですが、それでも弾が当たらないんですよね…。横からよりも上の方が、翼が広がっていてヒット範囲も広いはずなのに。

これはもはや、回線ラグを言い訳にするしかないのでしょうか?

一瞬でマッチングを終わらせるために、すべてのサーバーから検索をかけているのですが、そうするとおそらく、日本からもっとも遠いと思われるRUサーバーばかりにヒットしてしまって、pingが260近い状況になります。

SAサーバーならばping20くらいで快適ですが、人が少ないのかマッチングに数分かかることがしばしば…。このゲーム全体ならば、同時接続10万を超えるほどの人気っぷりなのに…。