良いこと日記。 2022/5/9

良いこと日記。 2022/5/9

GR86、初めて見たのでとりあえず。以下の内容とは関係ないですが…。

スポンサーリンク

一緒に過ごした思い出。

昨日に続いてGoogleフォトの話。

スマホで撮った写真を自動でアップロードする設定にしていると、これまで撮った写真に応じて、ハイライトをいつの間にか作成してくれます。

今回現れたハイライトは「一緒に過ごした思い出」というもの。

わが家には2匹の猫がいるのですが、その2匹が同時に映っている写真だけを、自動で選んでくれているのです。いったいどういう謎技術を使ってるのやら…。

なんだかタイトルだけでもう、うるっと来てしまうのですが、当たり前に見てきた光景でも、こうして見るとかけがえのない時間だったというかなんというか。

猫の一生は短いですから、ちゃんと今居るうちにその姿を大事に残しておこうと、改めて思うのでした。

猫だけばっかり撮っていましたが、私自身の姿も含めて撮っておいた方がいいですね…。私が飼っていたという証拠というか。

なお、2匹同士の仲は、あまりよろしくないです。距離が近いところまでは寄るのですが、触りどころが悪いとすぐ手が出ます。

人に触られては問題ないのに、なぜ猫同士だと…。

2匹とも元は野良でしたが、飼い始めたタイミングが異なるせいですかね。

お昼時飲食店探訪。

日記タイトルに反して、あんまり良いことじゃないことです。

今日じゃなくて数日前の話ではあるのですが、まだ行ったことのない店を片っ端から行ってみるのはいつものこと。

その店は夜になるときっとどんちゃん騒ぎになる、飲み会とかやるような大きな居酒屋でしたが、昼にはランチが振る舞われていました。

高すぎることもないしボリュームも充分…なのですが、問題はその店中に流れている音楽

音楽を流している店こそ多数あれど、そのとき流れていたのは、なんだかずっとだらだら感じの歌い方をした日本語ラップだったんですよね…。Yo…Yo…って。

正直言ってこういう歌が嫌いであり、耳障りで仕方ありませんでした。しかも音量もでかい。

次の曲に変わっても同じような曲のままだし、早く食べ終わって店を出ていきたい気分でした。

入ってしまった以上仕方ないのですが、今度からは行ったことのある店の記録を付けていくとき、BGMもどうだったかも残していくことになりました。

勤務中の昼休みに来ていることだし、騒がしくない程度の曲が一番良いんよね…。

変な曲よりはマシだけど、BGMじゃなくてテレビでニュースを流しっぱなしにするのも、できればやめていただきたいところ。

誰が捕まったとか死んだとかで、いちいち気分を左右されたくない。

話は変わって、月曜日は休みの店が多いですね…。やっぱりみんな、月曜日はしんどい。

月曜でも空いてる店の中から、お気に入りも決めておかないと。今のところお気に入りの店の中で、月曜日に空いてる店がないです…。

いつまで紙で仕事してるのか。

私の母は職場勤めでありながら、家にも仕事を持ち帰っていることがあり、なにやら手書きでシフト表だかなんだか、そういった書類を書いている姿がよく見られます。

ぶつぶつ時間をつぶやきながら書いており、かなり手間がかかっていそうです。

その姿を見るたび、もっと楽な作業にしてやれないかなぁって思います。

これはイメージですが、思いっきり書き間違ってる…。
だから手書きは危ない!

私は以前、田舎のスーパーに勤めていたことがあり、そこではPCを使ってExcelでシフト表が作成されていました。

しかし、出勤から退勤まで何時間あるだとか、その時間帯の部分に色付けだとかは、すべて手入力で行われており、手間の多さは紙と大して変わりませんでした。

何とかならないかと相談を持ちかけられたので、勤務時間やバーの色付けが自動入力されるようにシステムを組んであげたら、非常に喜んでもらえました。

それと同じようなことを、母の職場にも持ちかけられないかと、割とマジで思うのです。

部外者が関わっていいのかどうかの心配もありますが、家で入力するとなると、iPadでも入力できるようにもしないといけないですね。

母が今持っているiPadは、もう10年近く前の型である第四世代…。何をするにももたつきますし、さすがに新しいのにしてあげないと、手書きの方が早いとか言われそう。

とっくに母の日は過ぎたけど、第五世代だったら2万円台だなぁ…。思ったより安くならない。iPadのブランド力強すぎる。

また一つ気になるマシンが増えた。

ツェンダップ・ヤヌス – Wikipedia より引用。
最初からバブル・カーにご執心なのかと思いきや、BMWのヒストリーをたどるうちに、傾倒していったという入佐俊英さん。無意識のうちに誰も到達しなかった高みに立ってし…
engineweb.jp

二年前の記事であり、なおかつ無料会員登録が必要なのですが、上のリンクで紹介されている、ツェンダップ・ヤヌスというクルマがめっちゃ気になっております。

これを手に入れたオーナーもうらやましいのですが、イセッタと並ぶほどのボディの小ささに加えて、正面向きかと思いきや、まるでアジの開きのような横向きの姿にぶったまげ。

ヤヌスというマシンだけでなくツェンダップというメーカー自体も知らなかったし、まだまだ歴史に埋もれたマシンはいっぱいあるんだなって…。

今はもう存在しないメーカーであるうえに、生産台数も少ししかなかったようなので、知らなくても無理はない。

実車はさすがに無理なので、せめてヤヌスのミニカーがないか探してみたのですが、存在自体はしているものの、ヤフオクやメルカリではただいま出品が見つからず。

PREMIUM CLASSIXXS 18054 Scale 1/43 | ZUNDAPP JANUS ADAC STRASSENWACHT 1957 YELLOW BLACK より引用。

ただ、海外のショップであればいくつか見つかりました。イエローはやっぱりかわいいな。

しかし送料も入れると、日本円で16,000円…。

(ebayでもいくつか見つかるのですが、どの出品も同じ写真ばかり使われているので、どうも怪しさしかありません。)

値段が値段なので、即決するのは厳しいですが、ひとまずお気に入りに入れておこう。

ツェンダップ – Wikipedia より引用。

ツェンダップは、バイクも作っていたもよう。というかバイクの方が主力なのでしょうか。

戦時中特有の泥臭さがたまらない…。

ツェンダップ – Wikipedia より引用。

スクーターもあるもよう。ベスパやランブレッタが好きなら、これもたまらない。

ところで、wikipedia調べですが、本当はツェンダップじゃなくてツュンダップが正しいようで、日本では誤植が広まってしまったもよう。

完全にこれ。