Polish Constitution Day & Japanese Constitution Day & Italian Army Day

Polish Constitution Day & Japanese Constitution Day & Italian Army Day

スポンサーリンク

イベントの概要。

[Special] Polish Constitution Day - News - War Thunder

Play for free with friends in the most r…
warthunder.com
これだけツイートがなかった。

ゴールデンウィークの間、立て続けにイベントが開催されておりました。

とはいえ、War Thunderは海外のゲームなので、日本特有のゴールデンウィークとはおそらく関係なく、たまたま日付が被っただけとは思いますが、これらをクリアするにはちょうどいいタイミングでした。

それぞれ、特定の国のランク3以上のマシンを使って貢献度70%以上を3試合分達成すれば、デカールがもらえるというものでした。

それぞれ何の記念日に便乗したイベントだったのかは、リンクの方を翻訳しながらご確認ください。

Polish Constitution Dayはイギリス、Japanese Constitution Dayは日本、Italian Army Dayはイタリアのマシンを使用することが条件でした。

なお、イベント自体はすべて、3試合きっちりで完了させることができました。あまりにも貢献度が低い結果にはならずに済んだ…。

(イギリスのイベントの分は、スクショ取り逃し。)

[Special] Israel Independence Day - News - War Thunder

Play for free with friends in the most r…
warthunder.com

なお、イスラエルに関する同様のイベントもあったのですが、イスラエル軍は第二次世界大戦後に結成されたため、ランク4以上のマシンしか存在せず、非常に高価であり入手が厳しいため、今回はパスします…。

すぐにランク3に到達するには?

イギリスと日本はすでにランク3のマシンを所有していたので良かったのですが、イタリアは初期機体以外全く所有していませんでした。

地道に対戦を重ねていって開発ランクを上げていっては、イベント期間内に到底間に合いません。

よって、ゴールデンイーグル(GE)を課金して、貯まりに貯まったフリーRPを消費して一気に開発を進めるか、あるいは開発度に関係なく買えるプレミアム機体を買うしかありませんでした。

どちらもリアルマネーがかかる以上、慎重に選ばないと…。

なお、チャレンジに挑むことなく、GE消費で即クリア扱いにすることもできたのですが、いろいろなマシンが欲しかったし、金の力でクリア扱いにするのもなんだかなぁと思って。

結局は、プレミアム機体を買うのはやめて、フリーRPで通常機体の開発を進めることにしました。

プレミアム機体を1機だけ持っていても、他の機体は初期のままなので、手札が貧弱すぎます。

手持ちの機体が残っている限り戦線復帰できるので、ランク2が混ざることになりますが、やっぱり通常機体で手札の補充を狙っておきました。

肝心の、初期からランク3マシンに到達するまでにかかったコストですが、まずフリーRPの方は91,500です。

GEを1消費することで使用できるフリーRPは45なので、必要なGEはおよそ2034。

GEはいくら買うかで単価が変わり、半額になっていたプレミアムパス1年分の更新がしたかったこともあって、10000GEを5605DPで購入しました。

なお、1DP=1円です。そのDPを買うのに、さらにDMMポイントを買うことになりますが、500ポイント単位でしか買えないのが厄介…余りが出る。

(購入方法がまどろっこしすぎるし、Steam版をおま国されてしまったので、DMMを恨みたいところですが、日本機体の追加にも貢献したらしいので、恨むにも恨めない…。)

今回の場合、1GEの単価は0.5605円であり、2043GEを消費したので、ランク3到達までにおよそ1,145円消費したことになります。

まぁ、高すぎるってことはないかも。これ以上ランクの高い機体を買うとなると、さすがにきつくなりますが。

今回はイタリアだけでしたが、すべての国の陸海空すべてをランク3まで揃えるとなると、いくら時間があっても足りません。こればっかりはリアルマネーに頼るべきかと…。

基本無料ゲームがタダで遊べると思うな!

対戦中の気づき。

勝率50%切った…。
もういいよ、私WTやめる!

国によってはランク4のマシンも所有しているというのに、いまだに勝率がボロボロです。

基礎中の基礎のことさえまだちゃんとできていないところがあるので、改めて振り返ってみます。ちなみに、空戦の話です。

まず、どの敵と戦うか。真正面から撃ち合っては互いにボロボロなので、こちらに気づいていない相手を狙いたいところです。

特に弾を当てやすい状況は、下にいる相手を上から攻めるとき。相手は大きく翼を広げた状態なので当たり範囲が広いし、なおかつこちらは落下しながらで速度が出るので、撃ち終わったあとはそのまま離脱できます。

これを基本的な戦い方にしていきたいです。

敵といつまでももつれあって、後ろを取り合うような状況がよくあるのですが、これはあんまりよろしくないかもしれません。

もし後ろを取れたとしても、一方的に狙い撃てる感じがあるのですが、後ろからだと翼が狭くてなかなか弾が当たらないし、じゃれ合っているうちに他の敵がやってきてやられてしまいます。

というわけで、もつれあいにならないよう、ワンチャンスを逃したらすぐにその場から離れたいところなのですが、しつこく追いかけてくる敵も多いんですよね…。

周りに誰もいないと振り切ることができないので、できれば近くの味方が居る場所まで誘い込みたいところです。そうすれば、その味方に代わりに戦ってもらえるか、相手は逃げてくれるかも。

良いこと日記。 2022/5/4

冒頭の画像は ホンダ・CB400スーパーフォア - Wikipedia より引用…
tanoshi-nichiyo.com

次に、占領ルールのときの基地への着地。

日記の方にも書いたとおりなのですが、いざ着陸しようとしても、なぜかプロペラを破損させてしまうことが多かったんですね。

出力はちゃんと落としてるし、進入角度も急すぎることはないし、機首も上に向けていたのに…。

ところが、フラップとランディングギアをちゃんと下ろしてなかったんです!車輪が出ていないのに、着地できるわけがない!

ということで、FキーとGキーをちゃんと押しましょう。

あと、爆撃機を撃墜しようとしても、ぜんぜん追いつかずに振り切られてしまうこともありました。

高度を上げるたびにどんどん失速していって、このままじゃ落ちてしまうので、機体を平行に戻すしかありません。でもそうすると、爆撃機のいる高さまで登れない…。

どうやらこれはおそらく、選んでいる機体に原因があります。このとき、カテゴリとしては戦闘機となる機体を選んでおり、これは対戦闘機同士の戦いに特化しているカテゴリです。

現実における話ですが、要撃機であれば高度上昇の能力に特化しているようなので、これを選べば爆撃機に追いつけるかもしれません。

余談。

なんだこのアーマードコア!?

アメリカ陸軍のランク5の中にある、M50(通称オントス)というマシンがめっちゃ気になる…。

こんな大量の砲身を乗っけた戦車、他に見たことがありません。むしろこれは、タンク型脚部かつ武器腕のACなのでは?(フロム脳)

ランク5でこれだったら、上のランクというか、のちの時代のマシンならもっと積んでるのでは?と思ったのですが、どれも1本だけになっていました。さすがにやりすぎたと思ったのかな…。

ただいま行われているVictory Dayというイベントは、ヨーロッパにちなんだイベントでありながら、とくに国の指定はされていないのですが、ランク3以上かつ陸戦で2万スコアを獲得することがクリア条件となっています。

陸戦は全然やったことなかったし、M50目指してがんばってみようかな…。ちょうどいいことに、ただいまアメリカのマシンのセールが行われています。

そういえば、セールでもなんでもなかったのに、さっきのイタリアのマシンをガンガンと買ったのは、ちょっともったいなかったかも…。とはいえ、買わないとイベントに間に合わなかったしね。

スポンサーリンク

カテゴリー