ついに念願の目標を達成しました…。

スポンサーリンク

フォトチャレンジ #RACINGSPOTS

プラヤ・アスルにあるSenkoeの壁画で2013 Toyota 86を撮影する」が条件。

場所は、マップ南東にあるルガー・トランキーロというハウスの付近、オレンジ色の民家が集まっている地点です。

GR86もForzaに出してくれないかなぁ。グランツーリスモがうらやましい。

宝探し 微調整

手がかりは「曲を決める前にスプリントすると、勝つのは難しくなる」とのことですが、今まで以上に意味不明ですね…。

Here's how to complete the Forza Horizon 5 Fine Tuned Treasure Hunt plus your gu…
traxion.gg

というわけで、いつもどおり最速で解法を見つけてくれるTraxionに頼ります。

こちらではFord Escort RS Cosworth 1992をS1ランクのPI892まで改造してから、グアナフアト付近にあるパノラミカ・スプリントで1勝すればOKとなります。

ただ、PI892になるセッティングが作れなかったので、チューニング共有の中から899のものをお借りして1勝してきました。

すると、マップ南東のアウトポスト付近に宝箱が出現し、いちおうクリアとなりました。

解法を見ても、なぜそれが答えなのかさっぱりわからない…。

と思ったのですが、原文では「Don’t try to sprint before you found your tunes, it’s hard to win」となっています。

tunesは単純に自動翻訳にかけると曲として出てきますが、日本人からすると曲はsongの方が思い浮かぶので、tunesという原語を見ない限り、改造の方のチューンを連想するのが難しい…。

というわけで、今回はとりあえずチューニングしたマシンでスプリントコースに勝つことが条件であり、マシンやランクの種別に指定はなかったかもしれません。

ウィークリーチャレンジ キャンプアウト

マグナムキラーの初出であるマリオワールドは、マリオ史上最高傑作。

今週はVolkswagen Type 2 De Luxe 1963が条件。いわゆるワーゲンバス。

チャプター2ではただ写真を撮るだけ。

チャプター3はイベントラボから何かを一回クリアすること、チャプター4ではBランクにアップグレードしてからクロスカントリーで1勝すること。

イベントからクロスカントリーを選んでしまえば、チャプター3と4を同時に達成することができます。

ワーゲンバスとは、フォルクスワーゲン社のトランスポルター第1~最新の第6世代の通称。新車情報から往年のワーゲンバスのカスタム集を一挙ご紹介!愛称バツグンのキャン…
camphack.nap-camp.com

ところで、Forzaには初代ワーゲンバスしかないものの、ワーゲンバスにも様々な年式があるようで、二代目の平たくて丸目のとぼけた顔も良いな…。

現行の6代目は、もはやバスというよりワゴン車ですが、初代同様のツートンカラーもあるようで、目を引くこと間違いなしなので、もしワゴン車が必要なときがあれば、これがいい!

とはいえ、日本では取り扱いがないようですが…。ニュービートルのように、そこら中で走っていても良さそうなのに。

危険標識 スタジアムジャンプ

ありきたりなはずの白と黒も、スーパーカーには良く映える…。

S2ランクのエクストリームトラックトイが条件。ランクとカテゴリともに、最上級のものが求められるPRスタントは、なかなか無かった気がします。

ひとまず今回は、Ferrari FXX-K Evo 2018を選択。フェラーリにしてはメカメカしい。

ひとまずフェラーリほどの性能があれば、外からスタジアムの中に飛び込むなど造作もないことです。

ところで、いつの間にかスタジアム内にあったスタント用のスロープなどは、片付けられてしまいましたね…。

中央にでかいサッカーボールがさみしく置かれている、いつもの姿でした。

スピードトラップ ダストボウル

AランクのAriel Nomad 2016が条件。選べるマシンはこれ1つ。

もとからオフロード用に仕立て上げれているマシンなので、オート任せのアップグレードでも目標達成は容易でしょう。

ただ、北から攻めた方がコーナーが少ないのでやりやすいかと思います。

トレイルブレイザー プエルタ・ペトレア

Cランクのバギーが条件。

バギーというカテゴリはたった3種類のマシンしかなく、いずれももとはDランクなのですが、今回はVolkswagen #1107 Desert Dingo Racing Stock Bug 1970を選択。名前長い。

今回のコースは特に木と岩と崖が多いので、何度激突してリワインドしたやら…。

道なき道を無理に突き進むにしても、障害物が多すぎるのはちょっとよろしくないな…。

Horizonオープン スプリングクリーン&カントリーチャーム

前者はクリーンレーシングを10回獲得、後者はクロスカントリーを完了させることが条件。

いつもなら軽いマシンを選ぶところですが、さすがに上り下りの激しいクロスカントリーなので、パワーのあるマシンの方がいいかな…。

というわけで今回は、Land Rover Series III 1972を選択。あれ、見た目に反してこれも軽い方のマシンだな…。

外観のカスタマイズの幅が広く、天面に上がるためのはしごを背面に取り付けたり、ボンネットの上にタイヤを載せたりなど、ただ荷物運びするだけじゃない楽しみを見出してくれます。

ランクはBを選択して、いざ対戦。

周りは年式の新しいマシンばかりでしたが、こんな旧式でも坂は登れるしコーナーは曲がる。

ただ、大ジャンプからの着地には弱いかも。ギアをあらかじめ落としておいて、着地後の加速に備えておきます。

そんなこんなで2位までは奮闘したのですが、どういうわけはこのマシンよりもさらに古いBel Airにぶっちぎられてしまいました。

さすが大排気量を誇る四角いアメ車…走る場所を選ばないようです。

とりあえず、負けとはいえチャレンジとしてはクリアです。

終わりに。

今週分のチャレンジはまだ、イベントラボ2つとチャンピオンシップとトライアルが残っています。

しかし、イベントラボはまたもや、バグにより挑戦不可となっていました。

でも、すでにシーズン全体分と今週のポイントは必要数が溜まっており、どちらからも未入手のマシンを入手できました。

そのため、残りのチャレンジはもう挑む必要がありません。

先述の2台が手に入ったことにより、マシンギャラリー587台がついにコンプリートとなりました。

なお、コンプリートしたからって、とくにアコレードも実績もありませんでした。

また、来週以降も新マシンが増えていくので、追加が止まらない限りは完全なコンプリートとはなりませんが、新マシンは週ごとのたった20Pに配置されていることが多いので、毎週の入手にもう手こずることはないでしょう。

これからは新マシンを獲得する作業のとき以外は、好きなマシンを自由に選んでいじくって、ひたすら対戦に身を投じることにします。全アコレードの獲得とかは、もう疲れるのでやりません。

来週以降もよろしくお願いいたします。