FH5 シーズン5 春の週。

FH5 シーズン5 春の週。

スポンサーリンク

フォトチャレンジ #ITSATRAP

パンタノ パス スピード トラップで1988 Mitsubishi Starion ESI-Rを撮影することが条件。

ちょうど居合わせた同業者と一緒に一枚。

ついでに、頭に自転車を乗せたAIカーと一緒に。

このAIカー、1992 Mitsubishi Galantという車種なのですが、FH4ではプレイヤーも所有できたようですが、今作ではなぜかAI専用カーになってしまいました。

それにしても、私ももし実際にクルマを所有できたら、上のクルマみたいに自転車を運ぶやつがやりたいですね…。

以下、Forzaとは関係ない話なのですが、おととしまで住んでいた田舎に、マウンテンバイクを置き去りにしてきたままなんですよね…。

もともと実家から持ってきたマウンテンバイクですが、いくらそんな名前でも坂道がひたすら続く山の中だったので、さすがに自転車は乗っていられず、そのまま倉庫で朽ちてしまいました。

でも、また都会の実家に戻ってくることになってしまった今、自転車を再び乗れるようになったので、なんとかあのマウンテンバイクを持ち帰って、修理して再び動かしたいところです。ちょっとレアものの車種でしたしね…。

誰かが代わりに乗ってくれたら、それはそれでもいいのですが、やはり地形の問題で、近所の人も自転車は乗らない…。

もうひとつの手段として、行きは新幹線や電車で向かって、帰りは置き去りにしていた自転車に乗って帰る…。と思ったけど、壊れてるからダメだった。壊れてなくても、めちゃくちゃきついけど。

宝探し アキュラ ミート レジャー!

「高速で走って Horizon の新たなスターに会おう!」が今回の手かがり。相変わらずの難問です…。

高速と書かれているので、高速道路上にあるスピードトラップをアキュラのマシンで通過してみたのですが、とくに反応なし。

How to complete the Forza Horizon 5 Acura Me Treasure Hunt | Traxion

Here's how to complete the latest F…
traxion.gg

よっていつもどおり、攻略サイト頼り。

正解は、マップ西部にあるHorizon バハ スピードトラップをアキュラで★1以上を取ることでした。

ちなみに今回選んだマシンは、Acura Integra Type-R 2001

今シーズンになってから新しく追加されたスピードトラップであり、だから新たなスターってことだったんですね…。

マップ北東部に宝箱が出現するので、あとは体当たりで破壊して終わりです。

ちなみに、同じアキュラに乗っている同業者とも居合わせ、彼も宝箱に体当たりするような素振りを見せていましたが、私の目の前にある宝箱をすり抜けていました。

当然といえば当然なのですが、宝箱はそれぞれ自身の目にしか見えていないもよう。

ウィークリーチャレンジ 羽根のように軽い

今週はMosler MT900S 2010に乗っていろいろと。

今週はほとんど手こずることのないものばかりですが、しいて言うと気をつけないといけないのは、スピードゾーンとスピードトラップを連続で2分以内にクリアしろというもの。

高速道路上に2つとも連続して設置されているので、そこでこなせば簡単でしょう。

また、ここで★3を取るには相当カスタムされたマシンでないといけませんが、★3でなくてもクリア扱いとなりました。

EVENTLAB Horizon ラッシュ 峠スタイルサーキット

DOGFIGHT!

今回のEVENTLABは意外と正統派。

ルートこそ既存のコースと同じであるものの、日本の峠のように幅が狭められております。片側の車線が、壁と植木で塞がれています。

そして、使用できるマシンはBランクの日本車のみであり、時間帯は夜で、1v1のバトル。

これで、BGMがユーロビートだったら完璧ですね…。

ちなみに今回は、Nissan Silvia K’s 1994を選択。車体の下半分を黒くできたら良かったんだけども。

嘘だろ…?おやっさんを抜いちまったよ…。

ただ、コースは一本道ではなく、坂道のない周回コースでした。

FH5にひたすらダウンヒルのロードレースが欲しい。

下りを制するやつが全てを制す…。
tanoshi-nichiyo.com

ひたすらダウンヒルだったら、もっと良かったんですけどねぇ。

危険標識 サルト・デ・リオ

黄色とグレーのラインが珍しい。

S1ランクのラリーモンスターが条件。今回はOpel Manta 400 1984を選択。

とりあえず、飛びさえすればクリアできる簡単なものです。

スピードゾーン トレボル

ヘルメットがなければやばいことになりそう。

S1ランクのオープントップマシンが条件。つまり、屋根がないやつです。

今回はFerrari Monza SP2 2019を選択。カーパスに収録されている、今作から初登場のマシンであり、なおかつフェラーリにしては珍しい黒色。

360km/h以上に到達する凄まじい速度なのですが、それをシールドもなくモロに受けるドライバー…。

F1カーもそのくらい出るようですが、彼らの体力と精神力には恐れ入ります。

スピードトラップ トゥルム

GT-RのRは、不敗神話のRだぜ!

S1ランクのNissan GT-R Nismo (R35) 2020が条件。

今週のポイントが20に到達すれば手に入るマシンですが、20Pを超えておりましたので、さっそく持ち出します。

さすがのGT-R、ものすごい圧力感と重量感ですが、加速性も安定感も抜群です。

ドリフトゾーン プント・ノルテ

S1ランクのHooniganのマシンが条件。今回はHoonigan Gymkhana 10 Ford Escort Cosworth Group A 1991を選択。名前ながっ。

土の上のコースを、オフロードタイヤも履かず、ドリフトに向かないはずの四駆という、無改造のまま挑みました。

それでも、ほとんど問題なしでした。もとから、こういうコースに適した調整が施されているマシンなのかも。

トレイルブレイザー クルーセ デ グランハ

Bランクのミニのマシンが条件。今回はMini X-Raid John Cooper Works Buggy 2018を選択。

ミニクーパーのFEを持ち出したかったところですが、あれはAランクだった…。

条件がゆるいことの多かったPRスタントですが、これだけは無改造のままだと一発クリアならず。

起伏が激しく、川もあるコースなので、後輪駆動のままでは厳しいところです。オフロードタイヤを付けて、四駆化も施しておきましょう。

アーケード

かっこよく駐車…ではなくただの事故。

今回もドリフトを選択。マシンはFormula Drift #64 Nissan 370Z 2018で。

もとから広告ベタベタなフォーミュラドリフトだから、あえて一般マシンっぽいカラーにしてみたものの、むき出しのビスなどや、ところどころの差し色によって、むしろメカメカしい雰囲気。

今回のコースはドリフトゾーンの距離がやけに長く、途中で私がしくじってしまったせいでスコアがパー。

ただ、他の人もあまりうまくいってなかったのか、結局は制限時間切れで第3ラウンド突破ならずでした…。

ただし、プレイリストとしてはいちおうクリア扱いとなりました。1ラウンドでも突破していればOKのもよう。

ドリフトに限ってはまだヘタな人も居るので、参加者が多くなるほどむしろ難しくなるのでは…?

終わりに。

この時点で今週のポイントは30程度なのですが、今週の40P報酬は、すでに所有しているマシンだったので、無理して狙うことはありません。

また、シーズン全体の方は160Pに到達していたので、今回のシーズンはこれで終わりにします。

いつもより早く済んでよかった。

(実績を狙うならシーズン内のチャレンジを全部クリアするべきなのですが、マシンそのものが報酬じゃない実績なんて、欲しいとは思わない。時間がもったいない。)

Series 6 of Forza Horizon 5 adds more activities and points | Traxion

Series 6 for Forza Horizon 5's Fest…
traxion.gg

さて、来週からシーズン6となるのですが、毎週のチャレンジ数が減っていたシーズン4・5と違って、シーズン6だと1~3のときと同様、あるいはそれ以上にチャレンジ数が増えています。

でも毎週の目標ポイントはシーズン4・5のときと同様に引き下げられたままなので、やりたいものだけ選んでいくのが楽になりそうです。

シーズン4・5のときは、一日で40P取ろうとすると、絶対にトライアルに挑まないといけませんでしたが、トライアルに欲しい報酬がないときは回避しても40Pいけそう。

Forza Motorsport - Forza Horizon 5 Series 6 Update

Forza Motorsport
forzamotorsport.net

そして、シーズン6開始の数日前にアップデートも行われるようですが、なんとオープンレースの内容がカスタムできるようになるとのこと。

つまり、以前までの対戦レースだとコースタイプや車種のランクがランダムとなっていましたが、自由に指定できるようになるようです。

これは非常に嬉しいですね。たとえば、Aランクのロードレースがやりたかったのに、S2のストリートばっかりになる…とか、そんな目にもう合わなくて済みそうです。

スポンサーリンク

カテゴリー