SIGG トラベラークラシック & ファブリカント フェルトコースター

SIGG トラベラークラシック & ファブリカント フェルトコースター

お気に入りグッズをご紹介。

今回は水筒とコースターです。

SIGG クラシックトラベラー

まずは水筒から。SIGGのクラシックトラベラーというものです。

写真には2本映っていますが、色が違うだけでどちらも同じです。

まず、今回の水筒がほしいと思った経緯から。

夏場、たとえ炎天下の中を出歩くことがなくても、クーラーの効いた部屋で机に座って作業してようが、頻繁に喉がかわくことはあります。

しかし、お茶を飲みたくなるたびに、いちいち冷蔵庫に向かうのは面倒。

だから手元に飲み物を置いておきたいのですが、ペットボトルだと何度も使い回すわけにはいきませんし、普通の水筒だと頻繁に飲むには重たすぎる。

そこでちょうど良かったのが、今回のSIGGボトルでした。

普通の水筒と比べて軽量であり、なおかつペットボトルのように劣化はせず、洗えば繰り返し使えるため、ペットボトルと水筒の中間のような位置づけのように感じます。

ただ難点を挙げるならば、保温・保冷機能が全くないこと。

冷たい・暑いものを入れても、机の上に2時間も置いていればぬるくなってしまいます。

ただ、あまりにもキンキンに冷やしたものは体調を崩すもとになるので、あえてそれを飲まないようにするために、この水筒を使うのもありでしょう。

また、標準では普通のキャップが付属しているのですが、もはやいちいちキャップを空けて飲むことすら面倒。

という場合は、スポーツキャップに取り替えることで、ノズルを引き上げることですぐに飲めるようになります。

ただ、一気にがぶ飲みすることはできず、なおかつ飲んでいるときにじゅるじゅる音が鳴ってしまうのが気になります。

音はともかく、がぶ飲みも場合によっては体調を崩すもとなので、これもあえて防ぐために用いるのも良いでしょう。

何より個人的に一番気に入っているのは、光沢の眩しい色使い。

机の片隅に置いているだけで、絵になりますね。たぶん。

SIGGについて | 株式会社 スター商事

SIGGボトルの詳しいことについては、上記サイトなどをご参照ください。

ファブリカント フェルトコースター

水筒と一緒におすすめしたいのが、今回のコースター。ファブリカントのフェルトコースターという商品です。

厚さ数mmの、角丸のフェルト製コースターです。

フェルトなのに濡れて大丈夫なの?ってふと心配になるのですが、水筒からこぼれ出た水滴や、表面が結露して垂れてきた水滴くらいなら、染み込まず留めてくれるはずです。

何よりも、カラーバリエーションが豊富なため、今回一緒に紹介した水筒とセットで置くのにぴったりです。

色鮮やかなコースターって結構少ないうえに、プラスチックの安物コースターだと表面がべちゃべちゃしてくるんですよね…。

なお、今回のコースターですが、Amazonだと一部のカラーの欠品がずっと続いています…。

どうしてもほしいカラーがある場合は、公式サイトから購入をおすすめします。

ファブリカント コースター | zakkaworks