スポンサーリンク

Elan Sprintコンプリート。

良いこと日記。 2022/1/20
集荷依頼、どこが使いやすい? 古いテレビをメルカリに出品し続けていたのですが、なかなか買い手が付きません。 さすがに10年以上も前の型なんて、誰もいらないのかな…
tanoshi-nichiyo.com

以前の日記に書いたとおり、Spark製のLotus Elan Sprintのミニカーの色違いを購入したのですが、ついに到着しました。

それがこちら。

前々から持っているのは真ん中の黄色ですが、今回新しく購入したのは左右の青色と赤色のもの。まるで信号ですね…。

なお、青色のみオープンカーではありません。所有していませんが、赤色もオープンカーではないバージョンが存在するもよう。

やはりSpark製だけあって、他のミニカーよりも仕事が細かいです。溝の部分にちゃんと黒く墨入れされています。

(安いミニカーだと、溝が本体と同じカラーでベタ塗りされていることがほとんど。)

そういえば、Forzaの方にあるElanは非オープンカー仕様かつデフォルトカラーが黄色なので、その見た目が一番馴染み深いのですが、ミニカーだと同じものがなかったんですよね…。

(Elan Sprintではなく普通のElanならあるけど、それはForzaのものと異なる車種になってしまう。)

良いこと日記。 2022/1/16
今はもう遊べない、惜しかったけど気に入ってたゲーム。 https://tanoshi-nichiyo.com/2916 すでに終了してしまって遊べないけど人気だ…
tanoshi-nichiyo.com

でも、ミニカーの方の黄色Elanがオープンカーだったおかげで、それまで興味のなかったオープンカーにも興味が湧き、新しく探すきっかけになったから、良しとしよう。

とりあえず、あちこちから撮影して、別の記事としてまとめるのは、また今度。

町の本屋が今でも残ってて良かった。

数年間大阪を離れていた間に、実家の近所の本屋はすべて潰れてしまいました。

大阪という大都会であるにも関わらず。小さい店だけでなく、大手のはずのツタヤですら2軒とも閉店。

コンビニでも雑誌を買えないことはないのですが、数が少ないうえに表紙がごちゃごちゃしたゴシップ系雑誌ばっかり…。

そんな中、職場の付近に昔ながらの佇まいの小さい本屋が存在していることに、ようやく気づきました。

扉を開けば、包み込んでくる紙の香り。妙に薄暗い照明。あぁ、これこれ。

紙の雑誌はネットでも買えないことはありませんが、ずらずら並んでいる中から、表紙でこれだ!と思うものを選ぶのが良いんですよね。

(何の仕切りもなく、堂々とアダルト雑誌を置いているのはどうかと思うけど…。)

ひとまず、コンビニでは見かけない雑誌を購入して、店を出ます。支払いに、現金と図書券しか使えないのは痛いけど…。

職場での休憩中はだいたい休憩部屋にある本を読むことが多いのですが、ほとんどが古いものだったり、今は読みたいものがないかなと思うときもあったり。

さらに、職場では個人のスマホとかタブレットを使える雰囲気じゃないし、休憩中までモニター眺めっぱなしにするのはさすがにつらい。

やっぱり今でも紙の本が恋しくなりますね。だいたい定型になるWeb記事と違って、雑誌はページごとに違った構成が楽しい。

ちなみに今回購入したのはこちらの、Tipo 2022年2月号

まだすべての記事を読めたわけではないのですが、ライターそれぞれが思い入れの車種を、自信の経験を踏まえて紹介してくれています。

やっぱりクルマの記事が、リリース情報やスペックがどうのこうのより、持ち主がどんな風に使ってきたかなどの体験話の方が楽しい。

また、おまけで壁掛けカレンダーが付いてきましたが、それを見た母が、普段はクルマにまったく興味がないのにかわいいと絶賛していました。

ひとまず、隔月なのでまだまだ読む時間はたっぷりあります。休憩中や、寝る前などに読み進めていきます。早く読み終えてしまったら、他にも良さげな本を探そう。

寝る前についついスマホを見てしまって、目が冴えてしまう現象を防止するためにも、紙による読書に置き換えていきたい…。

検索エンジン変えた。

今日も相変わらず、Google検索したときにページの途中に出てくる「他の人はこちらも検索」が邪魔です…。

その機能自体はいいのですが、なぜかいっつもネカティブなワードが表示されがちなんですよね。「○○ 使いにくい」とか…。それの使い方を今調べてたのに!

ChromeとかGmailとかドライブとかAndroidスマホとか、Googleには多数の方面で大いに世話になりっぱなしですが、気分を害する検索候補の押し付けだけは、もう我慢できません。

よって、Chromeの規定の検索エンジンを、GoogleからDuckDuckGoに切り替えいたしました。

DuckDuckGoにも「他の人はこちらも検索」と同様の機能はあるものの、ネカティブなワードが表示されることはほとんどありません。

さすが、プライバシーを収集しないことを信条しているだけあります。とても良い心遣いです。

ただ、使用し始めてまだ日が浅いため、本当に検索候補にネカティブワードが出ないとも言い切れません。

ただ、仮に表示されるようになったとしても、該当部分のclassがランダムな値じゃないので、stylishという拡張機能を使って消そうと思えば消せるので安心です。

Googleだと、その部分がランダムな値のClassになっているせいで、消したくても消せなかったんですよね…。見たくないものを見ない権利は、我々にもあるはずだ!

マシンピストル最高!

CoDヴァンガードの話。

昨日はひたすら遊びまくった末にWelgunのレベルアップを完了させ、大口径弾を中心としたカスタムが強いことを実感。

ただ、20発の方にするか48発の方にするかは悩みどころ。ステータス的には断然48発の方がいいのですが、マガジンのでかさのせいで視界が隠れるといった、数値に現れない弱点があるんですよね…。

一方で20発のままで行くなら、弾切れ時の対策が必要。

よって現在は、サブウェポンとしてマシンピストルを育成中です。

デフォルトだとたった10発しかなくブレもきついのがとにかくつらいのですが、威力と連射力は抜群なので、決して弱い武器ではありません。

背中に盾を背負って、マシンピストルだけでひたすら戦うこと数十分、ひとまずLv25に到達して、40発の小口径弾を獲得。

すると、一気に世界が変わりました。

キルに必要な弾数こそ増えてしまうものの、連射力は上がっており、なおかつブレも軽くなって弾も増えてミスがなくなるので、総合的な戦闘力は格段に上昇します。

おかげで、Shipmentのドミネーションで、マシンピストルだけを使って100キル到達してしまいました。

ハンドガンなんだけど、もしかしたら今作のSMGすべてよりも好きかもしれない…。

まだまだアタッチメントが控えているので、最後まで育成がんばってみよう。20発通常弾も気になるし、連射力増大バレルやトリガーも気になるし、そして何より気になるのはデュアル…。

ひとまず現状でも、ボロボロに負けることはほぼなくなった!はず。

そういえば今作は、ゲーム発売時点から連射可能なハンドガンが実装されているのが珍しい。

MWのときはシーズン中に実装されることはなく、BOCWが発売されてからの実装になってしまい、BOCWだとたしかシーズン3あたりからの実装でした。

連射ハンドガンを早く使いたいって思う人が多かったのかな。

そして、3種ある連射ハンドガンのうち、もしWarzoneで使ったときに一番強いのはどれなんだろう…。MWのSykovは80発とかいうLMG並のとんでもない装弾数だし、VGのマシンピストルは最大約1400の連射力がやばい。BOCWのAMP63は…あんまり強くなかったな。