VSCodeにて、htmlタグの属性名とイコールを入れたあと、勝手に引用符が挿入されるのを無効化する方法。

VSCodeにて、htmlタグの属性名とイコールを入れたあと、勝手に引用符が挿入されるのを無効化する方法。

上の画像のように、たとえば「class=」と入力したあと、勝手に「class=””」になってしまうということです。

私としては、非常にこれがやりづらいです。余計なおせっかいです。自分でダブルクオートを囲った方がよっぽどやりやすいです。

というわけで設定画面を開き、まずは検索ボックスに下記の値を入力します。

html.completion.attributeDefaultValue

すると「HTML > Completion: Attribute Default Value」という、先程のテキストとほぼそのままの設定項目があるので、その値を「empty」に変更します。

これで、勝手な引用符の挿入がなくなります。