CoD 今週のプレイリスト。 (2021/12/24の週)

CoD 今週のプレイリスト。 (2021/12/24の週)

2021年12月24日

クリスマスですが、やることはいつもどおり。

ひたすら走り回って、ひたすらキル!

スポンサーリンク

ヴァンガード

通知が紛れ込んだ…。CoDを撮るには別アプリに頼るしかない。

水曜の時点ですでにプレイリストは更新されているのですが、Krampusというモードが新しく登場しています。

しかし、例によって詳細も「Krampus」となっており、全く説明になっていません。

実際に2戦だけやってみたのですが、DEMYANSKというマップでPatrolおよび、ShipmentでArmageddonが遊べました。よくわかりません。

やっぱりクリスマスの間は、ひたすらShipmas 24/7で決まりですね。

Cooper Carbineが実装されて以降、あまりの使い勝手の良さにひたすら使い続けているのですが、序盤のうちに使えるアタッチメントなら、ロングバレルと大口径弾が特におすすめ。

どの距離でも的確に3発キルが狙えます。弾数も多いので、長い時間戦える。

先程のカスタムでも充分に強いのですが、終盤になると手に入るグレイシーラピッドがすごい。

連射速度の上がるアタッチメントや小口径弾を組み合わせることで、1300というすさまじい数値になります。ARなのに、BOCWにあったMAC-10以上…。

近距離なら無類の強さを誇るのでは…?ただ、エイム速度が遅すぎるのが難点…。

万能ではないかもしれないけど、あまりの連射速度により笑いが止まらないカスタムです。

ARはこれで決まりですね…。もう他のAR試すのもめんどくさい!

おそらく、のちのち弱体化されそうですが、それでも使い続ける気がします。

一方で、MWやBOCWではよく使っていたSMGですが、今作ではなかなか好みが決まらない…。

今シーズン中に実装予定の、Welgunに期待!

あと、ストアに新しく、炎の曳光弾が撃てるSTG-44が登場しました。

BOCWのときと比べて、今作は炎の武器の登場が早い!嬉しい!そして、かっこいい!

かなりロング向きのカスタムが施されています。しかし、スコープに布が被さっていて見づらい…。他のスコープに取り替えましょう。

Cooper Carbineも良いのですが、せっかくだしSTG-44を育てるのもありですね。

ブルーサンダーと書いていたMP-40と一緒に持っていってみたのですが、これはただのシアン色の曳光弾であって、電気のエフェクトはありませんでした。弾の色も薄くてちょっと地味…。

BOCWとは逆に、電気の武器の登場はまだまだ先になりそうですね。

ウォーゾーン

やるものない。

ただ、さっきの炎のSTG-44には盾も付いてきます。何の絵も描いてない盾しか持ってなかったので嬉しい。

MWの方にある盾と一緒に持っていって、貝殻人間になりましょう。

ブラックオプス

12v12 Moshpitが復活していますが、12v12だと過密すぎるマップと、12v12でも広すぎるくらいのマップが入り交じるのがねぇ…。

やるとしたら、やっぱりいつもどおりNuketownかFace Off。

…と、いつも言い続けているのですが、実際には遊んでいませんでした。

久々にBOCWで遊ぼうと思ったのですが、平日朝だったとはいえ、Face Offはぜんぜんマッチングしなくなってしまいました…。

今からBOCWの武器を育てるのは厳しそうです。全盛期のうちに、もっともお気に入りのMAC-10だけでも育て終わってて良かった。

ヴァンガードも、盛り上がっているうちに目一杯遊んでおきたいところ。

バタバタ!!!

そんな中、BOCWに新しいバンドルが入荷されていました。よっしゃ!みんな大好きオタクバンドルやんけ!

ただ、BOCWはめっきり人が減ってしまったので、もし買ったとしても使う機会があるのはウォーゾーンになりそうです。PayloadとClash復活はよ!!

モダンウォーフェア

先週に引き続き、Shipment Extendedが継続中です。

ただ、経験値二倍期間になっている他のCoDと違って、MWだけは仲間はずれ…。

画面右下のメッセージも以前は「Modern Warfareへようこそ。存分にお楽しみください。」のはずだったのに、いつの間にか「Pacificへようこそ。最前線を駆けろ!」に…。

とうとう、右下メッセージからもMWは見捨てられてしまいました。

もうMWは、Warzoneのおまけという立場から変わらないみたいですね…。

ただ、来年のCoDはおそらく、MWと同じInfinity Ward製になるはず。

さすがに新作CoDは、Warzoneのおまけなんてことにはならないでしょう…。

Infinity Ward製の最新作が、一本の作品として独立してくれることを願います。