RIDE4 ウィークリーチャレンジ42。

RIDE4 ウィークリーチャレンジ42。

スポンサーリンク

バイクに乗れない冬にぴったりのRIDE4。

数ヶ月前までは田舎の山奥に住んでいましたが、どこへ行くにも遠いため、冬であろうと凍りつくような寒さの中、身を震わせながら原付を走らせておりました。

ただ、今は家庭の事情で都会の実家暮らしとなってしまいましたが、買い物や通勤程度なら自転車で充分であるため、原付に乗る機会が減ってしまいました。

(むしろ車道は、混むので余計遅い。)

田舎に比べたらぜんぜん寒さなんて大したことないのに、長らく乗っていないと、こんな程度の寒さで原付に乗ることが億劫に。

普通二輪の教習も受けているのですが、教習所が混んでいる影響で数週間から1ヶ月待たされることも多々あり、ますます乗る機会が減ります。

よって、バイクに乗る感覚を鈍らせないためにも、暖かな家の中で、RIDE4で慣らしておきましょう。

(そういえば、原付のエンジンもたまには動かさないと、壊れてしまう。)

今回の概要。

久々にウィークリーチャレンジに挑みます。いつの間にかチャレンジのナンバーが40番台に突入しておりました。RIDE4が発売してから42週かぁ…。

まずマシンの方は、apriliaのTuono V4 1100 Factory 2019です。

名前からもわかるとおり、排気量が1000cc超えのまさしくバイクレースにふさわしい、ハイパワーな大型バイクですね。

目標タイムは、ブロンズランクの場合1:26.200。

そしてコースはこちら。Canadian Tire Motorsport Park

一見すると、細かすぎるコーナーもない、簡単そうなコースに思えますが…。

気をつけたいポイント。

いざ、挑戦開始です。

オートドライブが終わると、いきなりコーナーが迫ってきます。

ここでアクセルをかけたままだと、コーナリングが間に合わないかもしれません。すぐさまブレーキで抑えます。

スタートのゲートを抜けるところ。やや上り坂になっており、その先のコーナーが見えづらくなっています。

この辺りも、登りのあとに下りながらのコーナーとなっているため矢印が見えず、矢印を頼りに走っていられません。

終盤の直線区間。ここだけ唯一、ギアを5速まで上げられます。

風を切る音がゴーゴー聞こえてくるほどの速度に達し、周りも徐々に見えなくなるため、身体が縮こまりそうです。

このゲートの先に、最後の連続コーナー区間があります。

またもや、やや登りになっているせいで先が見えないので、このゲートをくぐったあたりでブレーキをかけるのが良いかと。

どこまで突っ込めるかのチキンレース…!

そんなこんなで、ゴール到達です。

坂道の多さによる目眩ましはあるものの、コースの構造自体はやはりマップどおり、そんなにややこしいものではなかったので、3回程度のチャレンジでブロンズランクは達成。

このままでは物足りなかったので、もうちょい挑戦したところ、ウィークリーチャレンジで初めてシルバーランク達成となりました。嬉しい。

タイムは1:22.690。

コースの構造を覚えることももちろんですが、コーナーでどれだけの速度を付けたままでも曲がれるか、把握するのが大事です。

大型ではなく普通二輪であるものの、教習でクランクが特にぶつけそうで怖い時期があったのですが、何度も通るうちに慣れました。

バイクに必要なものは、とにかく度胸!

走行中の動画。

せっかくなので貼っておきます。

ちなみにトランスミッションはMTでプレイしています。ABSは入れたまま。