イベントの期限まであと8日。ちんたらしていられないゾ。

今回はポーランドのシュチェチンから、ドイツのハノーファーまで、396km。
何度も見たデザインのトレーラーですが、今回はシングルトレーラー。
ゲーム中では拝めないものの、中身はソーセージ。本場ドイツへお届け…。
ドイツの国民食といえばソーセージ。実際にドイツを訪れると豊富な種類のソーセージが並んでびっくりするはず。あまりに種類が多すぎてどれを試してみるか迷ってしまうので…
tabicoffret.com

ソーセージはドイツ語でヴルスト。なんか、ヴァンツァーの名前みたいでかっこいい。

本場では無数の種類があるようですが、そのどれもがおいしそうです…。

もともと長期保存のために作られたソーセージだそうですが、それなのにどうしてうまいのだ。

ポーランドの国境付近から出発。
ポーランド観光をする間もなく、あとにします…。
あっという間に国境にたどり着きました。
検問はとくにありません。
EU加盟国のうち22カ国とその他4カ国で形成しているシェンゲン圏では、圏内の国境管理が撤廃されている。その取り組みと、旅行者などが短期に査証なしで訪れる際のシェ…
eumag.jp

EU加盟国では検問はないもよう。今回の舞台であるドイツもポーランドもEUです。

そういえば今回は、夕方6時の出発でした。
まだ明るいものの、ライトの点灯は忘れずに。
だいたい7時から取り締まりが始まるので。
前のクルマとの距離が詰まったら、工事の可能性があるので、早めの減速を。
奥に見える丸いタワーは何ぞや。
この時点で夜8時のはずなのですが、相変わらずなかなか日が沈まない。
眠気ゲージが限界に達したので、休憩所へ。
しかし、ルートの取り方を誤ってしまい、ダメージを受けながらも強引に乗り上げることに…。
夜が明けましたので、気を取り直して。
そこのトラック、運転ラクそうだな…。
今回のルートは途中からベルリンになっており、そこから先は一度通過しているので、目新しいものはありません。
治安が心配。
そしてゴール前の、見慣れたクローネトレーラー。
一人称視点で操作していると、信号が右側にしか見えない。
現実の商用車ショーも、一度行ってみたいものです。
かなりズレてしまったものの、なぜか駐車OKと認められたので、ミッションコンプリート。