穴を開けられないモルタル壁に、ラックを接着するDIY。

穴を開けられないモルタル壁に、ラックを接着するDIY。

良いこと日記。 2022/8/12
DIYメモ。 大昔に砂壁の砂を全部剥がして、むき出しになったモルタル壁にペンキを施した自室ですが、ケチって薄く伸ばしたせいか、塗りムラが非常に目立ちます。 とい…
tanoshi-nichiyo.com

もともと砂壁だった自室ですが、古くなって砂がボロボロ落ちるうえに触ると痛いため、大昔にその砂をすべて落とし、むき出しになったモルタル壁にペンキを塗りました。

ただ、そのペンキの塗りが甘かったのが気に入らなくなってきたので、昨日の日記に書いたとおり、もう一度ペンキを塗り直すことになりました。

そしてペンキを塗り終え、乾燥が済んだばかりのこの壁ですが、何も飾りっ気がないことは変わらずです。

この空いたスペースを有効活用するために、本日は壁にラックを取り付けることにいたします。

といってもモルタル壁なので、ネジを留めることもクギを打つこともできません。壁自体もう古いため、ヘタに衝撃を与えると家が崩壊する恐れがあります。

既製品の穴あけ式ラックも取り付けることができないうえに、付けられたとしても一個の値段が高く付きます。

ラックに置きたいものが多数あるので、そんなにお金を使っていられません。よって自作あるのみです。

L型金具を購入しましたが、ネジ穴は今回は無関係です。強力な両面テープで接着させることにします。

このL型金具を2個で1組にする予定です。

まずは値札シールが邪魔なので剥がさないといけないのですが、やけに粘着力が高くて、跡が残ってしまいます。

ドライヤーで少し温めてからであれば、多少は剥がれやすくなりますが、完璧とは言えません。

このシールを貼り付けることを命令した人は、とりあえず土下座するべき。

なんとかシールの除去が終わり、もうこのまま取り付けに入っても良いのですが、せっかくの白い壁なので、金具も白に染めてしまいましょう。

もともとはシルバーの光沢のある金具なのですが、白いスプレーで色塗りします。

ぜんぜんうまく色が乗らないですね…。

スプレーに下地のこととか何も書いてなかったので、そういうのがいらないスプレーかと勝手に思い込んだのですが、そんな夢のような話はないもよう。

よって再びホームセンターに赴き、プライマーとサンドペーパーを買い足します。ついでに、予備のカラースプレーも。

スプレーは1本で済ませる予定だったのですが、背面に書かれていたガス抜きの手順を、うっかり初めの開封の手順かと勘違いしてやらかしてしまい、中身を盛大に噴出させてしまったんですよね…。

(結局、スプレーは中身の減った1本でも充分に足りたので、予備は使わなかったのですが。)

やすりがけと下地塗りを行い、そしてしばらく経ったあとにスプレーを塗布。

いきなりスプレーをしたときよりマシですが、それでもムラがありますね…。

いったん乾燥させて、もう一度やってみます。

早くこのスペースシップに乗り込め!

休憩。ん~、エヌ・アンド・エヌ。

そして二度目のスプレー完了。

う~ん…。雑っこすぎる。吹付けすぎたのでしょうか。あるいは、距離が近すぎたのでしょうか。

もう疲れたので、これで壁に取り付けることにします。ムラのある面を壁につけたらいいか…。

乾燥中、新聞紙の上に置きっぱなしだったせいで、剥がすときに張り付いてしまいました。

とことんやらかしがちですね。本当に工作に関しては、ズブの素人…。

それはさておき、両面テープは粗面対応のものにしています。モルタル壁はデコボコなので。

適切な長さに両面テープをカットし、金具と壁に貼り付け。

そして2つの金具の上に、フィギュアケースを置くことで飾り付け完了。

もともと、金具の上になにか土台を置いてからフィギュアを配置するつもりでしたが、適切な板材が見つかりませんでした。

ただ、フィギュアケースを直接置けばOKだったので、今回は板材は不要でしたね。

残りの金具も貼り付けてしまいます。

これで、殺風景だったPC周りが多少、賑やかになったかもしれません。

机の上にミニカーを置きっぱなしだったのですが、それを別の場所に動かせたので、作業スペースが広がりました。

動かしたといっても、作業中に目に入る範囲にはあるので、置いたことさえ忘れてホコリを積もらすことにはならないでしょう。

なお、まだ設置できていないミニカーがあるのですが、両面テープが足りなくなってしまいました。また後日買い足します。

思っていた以上にテープの厚みが太くて、あっという間になくなったんですよね…。こんな厚いテープがあったなんて、マジで知らなかったんです…。

ネジ留めじゃないので耐久性が心配なのですが、フィギュアやミニカー程度であれば、すぐにダメになることはたぶんないでしょう。

あと、穴を開けなくて済むので、もし位置を変えたくなったら、力づくで剥がして貼り直せばいいだけ。

そういえば、金具をわざわざ色塗りしなくても、もとからツヤ消しの白とか黒に塗られているものもあったんですね。

といってもシルバーのものより高く付くので、スプレー代などを足しても、自分で色塗りしたほうが合計は安上がりだと思ったのです。

ところが、プライマーだけが異様に高くて、結局は合計金額がさほど変わらない結果になってしまいました。その割には、既製品とくらべてはるかに甘い出来だし…。

ただ、スプレーやプライマーはまだまだ余っているので今後なにかに使えるし、自分で成し遂げたという達成感はあるので、良しとしておきましょう。

(使い道がないなら無いで、誰かに譲ればいいだけ。)