良いこと日記。 2022/7/15

良いこと日記。 2022/7/15

スポンサーリンク

お昼時飲食店探訪。

もう職場近辺はあらかた調べたはずなのですが、一度通ったことのある道でも、以前はシャッターが閉まっていて何もない建物だと思っていたのに、今日行くと喫茶店が開いており、看板も設置されていました。

以前はたまたま定休日だったのか、あるいはしばらく臨時休業だったのか。

それはともかく、実際に店に入ってみたものの、店内にはメニューが見当たらなかったので、「ここってランチやってますか…?」と尋ねてみたところ、「ランチはやってないんです。」との答え…。

うむむ…。看板にはモーニングのことだけは書かれていたので、てっきりランチもあるかと思ったのですが、そうとも限らないんですね。

続けて別の喫茶店を捜索し、以前の帰り道に発見したものの帰りだったので寄れず、今日は行きなのでやっと寄れる初めての喫茶店に向かったものの、ここも店内にメニューなし。

先程と同様の質問をしてみたところ、「ここカラオケ喫茶なんですよ。」とのこと。つまりランチなし。

よく見たら、看板にちゃんと書いているじゃないですか…。まぁ、それはわかっていたのですが、これまたてっきり、夜だけカラオケになるものかと、勝手に思い込んでしまって。昼は普通の喫茶店、ということではないもよう。

(わが家の隣がスナックなので、カラオケ=夜という勝手な思い込み。)

このまま何も食べずに帰るわけにもいかないので、会社からだんだん離れてしまうもののさらに探索していると、またもや見たことのない喫茶店を発見。

店名にもちゃんとランチと書かれているので、今度こそ間違いはないと思って入ってみたものの、店員さんからさっそく「すみません」の言葉。

今はランチはお休みしていまして…。」そんなバナナ…。

一時的なものなのかこれからも休止なのかは聞きそびれてしまいましたが、人の良さそうな店員さんではあったため、もし再開するのであれば、また見に行きたいところ。

それにしても、まさか3件も回ってランチにありつけないとは…。まぁ、Swarmに訪問記録を付けられるだけでも良しとしよう。

うろうろしているうちに、休憩時間も残り半分となってしまったので、ひとまず会社の方への道に戻り、近くにある脇道の古い感じの中華店で。

一度行ったことのある店であるものの、ラーメンだったらすぐに出てくるはずなので、間に合うだろう…。そして思ったとおり、すぐにありつけました。

ここ最近、というか大昔からなのですが、大通りに立ち並ぶ、いかにも人気の出そうな味の濃いラーメンを食べると、すぐにお腹を下してしまいます。味は決して嫌いではないのですが、もう身体が保たなくなった…。

でも昔ながらのあっさりラーメンだったら、やっぱり安心して食べられました。午後以降も体調は無事。全く問題なし。

なんでもない普通の味こそがやっぱり良いと感じるようになったあたり、私ももう歳だな…。と言いつつ、ちょっと物足りないと感じてしまったのか、コショウはふりかけてしまいましたが。

あと、職場へ戻ってくると、なんと社長から「今度から自転車貸したるから使ってもええで。」とのこと。

おぉ、ものすごくありがたいです。それがあれば休憩中の限られた時間であっても、職場からもうちょっと先の店も探し出すことができます。

今は夏の暑さのせいで自転車通勤からバイク通勤に切り替えており、自分の自転車に乗ってお昼でかけられないので。一方で、近辺の交通量は凄まじいので、バイクでうろうろするのは不便。

まだお昼の店探しは終わりそうにありません。

バイクメモ。

ガソリン入れろ。

走行距離が8,000kmに到達しました。

50ccのホンダのタクトですが、このバイクを新車で購入したのは、たしか2年前の4月ごろ。

このタイミングで8,000kmというのは、早い方なのでしょうか。遅い方なのでしょうか。ついこの前、7,000kmになったばかりだったようにも感じますが…。

その2年ほど前までは、どこに行くにも乗り物が必要な岡山の田舎に居たので、毎日走行距離がもりもり上がっていったのですが、1年ほど前に実家の都合でやむなく大阪の大都会に戻ってからは自転車に変えたのでしばらく止まり、でも今のような夏場だけは汗をかく自転車には乗ってられないので、またバイクの距離が増え…。

なお、周りの景色も一緒に載せようと思ったのですが、実はでかい交差点の長ったらしい信号待ちの間に撮ったものであり、地味なビルとクルマが立ち並ぶだけの全くもって映えない光景であったため、メーターだけにしておきます…。

もっと気の利いたところで撮りたかったな。9,000kmのときに再挑戦しよう。

といっても、9,000kmに到達するのが先か、150ccに乗り換えるのが先か。

クルマメモ。

Youtubeを開いたときにたまたま流れてきた、ハチロクの動画を見ておりました。

まさか、頭文字Dの主人公の声の人が、主人公と同じくハチロクを所有していたとは知らず、さらに内部のパーツまで再現するという徹底ぶりで、ぶったまげてます…。

ハチロク自体は今でもごくまれに路上で見かけますが、ボンネットが黒いカーボン仕様になってるのは、見なかったような。

このテレビ番組自体も面白そうだけど、存在を知らなかった。というか、私の地域では映らないMXの番組なので、知らないのも無理はない。

幸い、最新話だけならネットでも地域に限らず見れるので、またあとでチェックしてみよう。

そしてこちらもチェック。

予想どおりのナレーションに歓喜するとともに、アニメさながらの現実離れしたドリフトにもぶったまげてる…。