FH5 シーズン9 冬の週。

FH5 シーズン9 冬の週。

スポンサーリンク

フォトチャレンジ #SPEEDTEAM

身動き取れなさそう。

コッパー・キャニオンで任意のハイパーカーを撮影することが条件。今回はFerrari SF90 Stradale 2020を選択。

実際の一般道でも車高の低いマシンって、踏切の横断とかわだちとかで引っかかったりするのかな…?

あおおーっ!!

ウィークリーチャレンジ リアルライダー

もっともペイントしがいのあるボディ…。

今週のお題はMercedes-Benz Unimog U5023 2014。みんな大好きウニモグ。

チャプター2はクロスカントリーで一勝すること。イベントラボから「0 sec」で検索すればすぐです。

前が見えねェ

チャプター3はトレイルブレイザーで1スター。運転席視点に切り替えて挑むのが良いかと。

なんか交通量増えた?

そしてチャプター4は、アルティメットデストラクションを10回。

高速道路の中央でひたすら、ガードレールと街灯をなぎ倒してたらOK。

イベントラボ スカイキャッスルサーキット

今週もまたホットウィールの空中コースターかな…と思いきや、まったく違うコースでした。

まるで初めからそこに存在していたんじゃないかと思うほど、大掛かりな建物の中を巡っていくことになります。

雪山の上に建てられており、白い外装が見事に映えます。

いちおうコースの分類としてはクロスカントリーで、車種はAランクのスーパーホットハッチが条件。

今回はHonda Civic Type R 2018を選択。

道幅が狭く、直角に曲がっていかないといけない箇所も多く、ただ敵は一切存在しないので、レースというより観光の気分で挑むのが良いでしょう。

チャンピオンシップ

今週はHorizonツアーもあるのですが、相変わらずバグによって勝手にクリア済みとなっているので、あとはチャンピオンシップを1つクリアするだけで、ちょうど20Pに到達して新マシン獲得となります。

オールスター

Dランクのクラシックマッスルによるロードレース。

FH5 シーズン9 秋の週。

フォトチャレンジ #SWAMPBEAST グラン・パンタノで任意のラリーモンスタ…
tanoshi-nichiyo.com

クラシックマッスルと言えば、先週使ってみて気に入ったスティングレーを持ち出そうと思ったのですが、年代の割にはBランクという強力な性能であったため出られず。

よって今回はOldsmobile Toronado 1966を選択。あんまり聞いたことない社名…。このゲームに登場するのも、これ一台だけ。

いくらハイパワーなマッスルカーでも、Dランクとなるとほぼ観光ドライブ。追い抜くのが逆に難しかったり。

ハンドルも重たいので、むやみにふらふらさせると切り返しが難しい。

でも坂道となると、まるで屁とも思わない登りの力強さ。

このあと一切追い抜かれることなく、独走状態でゴールとなりました。

バハブレイザーズ

この時点ですでに20Pに到達しているのですが、まだ走り足りないので続けます。

Cランクのピックアップ&4×4によるクロスカントリー。今回はGMC Jimmy 1970を選択。

あれ…?ジムニーってスズキのクルマじゃないの…?と思ったけど、あっちは綴りがJimnyだった。

それはさておき、クロスカントリーなのでオフロードタイヤを付けて挑みたかったのですが、コストが高くてBランクになってしまうので、普通のタイヤで挑みます。

それでも滑りすぎることはなく、坂道ではやや力不足を感じるものの、コーナーではよく曲がるし、重ための車種の割には扱いやすさを感じる性能でした。

先週のチャンピオンシップの中に、オレンジとブルーというタイトルのレースがあったのですが、今回もたまたまそれが実現。良い並びですね…。

モルカー第一話。

ちょっと前まででかいマシンはあまり好みではなかったものの、このJimmyみたいに古くて真四角のようなマシンだったら、けっこう良いなと感じるようになってきました。

お借りしたペイントのおかげもあるのですが、でかいのにかわいさを感じる…。

古いブロンコとかスカウト800Aとかも気になってきたので、また同様のレースがあれば試してみたいところです。

何より、今回乗ったJimmyにオレンジのペイントがあったことが、大きめのマシンでも良さを感じさせてくれる、一番のきっかけだったかもしれません。

Tatra 805、アップグレード計画。

気になるマシンをいきなり発見。 数日前からSnowRunnerで遊び始めておりま…
tanoshi-nichiyo.com

別のゲームの話ですが、SnowRunnerにあるTatra 805というトラックも、オレンジ色の古くてかわいいマシンなんですよ…。

Horizonオープン ドリフトレーサー

さっきのジムニーがかなり気に入ったので、これに乗ったまま対戦にも挑んでみましょう。

Cランクのままでは出られないので、エンジンも一つ上のものに積み替えてBランクに引き上げて挑みます。

ただ、そのままエンジンを積み替えるだけではAランクに達してしまうので、エアロを付け足したりホイールを大きくして、無理やりランクを落として調整します…。

そして実際に対戦が始まると、開始早々に全員にぶっちぎられてしまい、途中でミスした相手を除いて、全く追いつくことができませんでした…。

テクニックうんぬんというより、セッティングの時点で負けている気がします。

エンジン本体の入れ替えはしたものの、その他のエンジンパーツは一切付け替えていないので、パワーが足りなさ過ぎるのでしょうか。

ブレーキとかタイヤとか、滑り止めのことに意識を傾けすぎましたね…。ちょっとくらいはムチャが必要なもよう。

とはいえ、運転していて楽しいクルマでした。また新しい方向性に楽しみを見いだせて良かった!

なお、Horizonオープンのチャレンジ自体はドリフトスキルを20回獲得することだったのですが、普通にハンドルを回しているうちに勝手にドリフト扱いになったようで、とくに何も意識していなかったのにクリアとなりました。

終わりに。

発売当初から毎週新しいマシンを配布してくれたカーパスも、今週で終わり。

今週分の20P報酬の新マシンも無事に入手し、現在の所有マシンは609/613。

あとの4台は来週の新マシンと、ホイールスピンからの3台のみなので、今週も漏れなくチャレンジを遂行できました。

それにしても、本当にホイールスピンからホットウィールの新マシン出てくるんですかね…?

オークションには一切出品されていないし、ホイールスピン回転中のリールにもその姿がないし。

もしや、ホイールスピンから登場すると書かれているだけであって、実際に登場するのはホットウィールのDLC配信後だったりする…?

とりあえず、シーズン9も残り一週だし、そのあとはお待ちかねのDLC登場です。

ぼちぼちやっていきましょう。