CoDヴァンガード シーズン4 前半 3週目。

CoDヴァンガード シーズン4 前半 3週目。

スポンサーリンク

ヴァンガード

なんと、1v1 Shipmentとかいうモードが登場しています。

ルールはモード名そのまんまです。味方一切なし、1v1でShipmentで戦うだけです。

実際にやってみたのですが、いくら一番狭いShipmentといっても、相手が一人しか居ないのでは、なかなか見つけられません。

運任せで敵と出会うことを願って、同じところをぐるぐる回るだけでした。そして出会い頭で反射的に撃ち合いするだけ。

ぶっちゃけ、ぜんぜん面白くないです…。相手も同感なのか途中で離脱してしまい、敵が誰もいなくなったせいで自動的に私の勝ちとなりました。

これなら、いつものShip Hausで遊んだ方がよっぽどいいです。

というか今週は、ヴァンガードやってる場合じゃないです。以下のとおり…。

ウォーゾーン

Storage Town Clash来たあああぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!

その名のとおり、出てくるマップがストレージタウンのみとなっているクラッシュです。

ストレージタウン自体はシーズン4が始まった当初にも見たのですが、そのときはモードがプランダーとバトロワしかなかったので、満足に見て歩くことができませんでした。

でも今回は待望のクラッシュです。開始早々から、敵味方ともに大量の人数がひしめき合ってします。

クラッシュの中では規模が狭く、なおかつ入り組んだところも多いため、SMGのような射程距離のない武器でも存分に活躍できます。

モダンウォーフェアのシーズン中のときにもっとも楽しかったマップですが、やはり今回でもその楽しさは健在。

むしろ、武器が増えた今ではさらに良いものになっています。

何回でもリスポーンできるし、リスポーンまでの時間も長くはないし、好きな武器を持っていけるし、すぐに前線に舞い戻って来れるし、キルストリークも強力すぎることはない。

これこそ大規模戦闘のあるべき姿!今週はこれで決まりですね。

みんなで前線を押し上げていくという体験は、キャンペーン以外だとここくらいでしか味わえません。

あと、いつもならMP7とMAC-10を一緒に持っていくのですが、今回はLC-10に変更。

何週間か前に気になるLC-10のスキンが追加されましたが、ようやく購入しました。

MP7同様に連射力高めでブレも軽く、バンドルそのままのカスタムでもなかなか使いやすい性能です。

ただ、いかにも炎のモチーフであり、なおかつオレンジの曳光弾とも書かれているにもかかわらず、どうも弾がはっきりと映らないですね…。着弾しても発火しない。

とはいえ、青い雷のMP7と一緒に並べるとほんとかっこいいので、今週はこれでがんばろう。

LC-10ぜんぜん育ててなかったので、ちょうどいい機会。

ブラックオプス

モードに関してはとくに言う事なし。

武器に関しても、さっきのウォーゾーンの方で語っちゃったからなぁ。

と思ったけど、画像を見ておわかりのとおり、フューズの新しいバンドル買いました。

ただ、フューズじゃなくて同梱のMAC-10が目当てです。

ブルーとレッドの曳光弾を交互に撃てるMAC-10は、すでに別のものが存在しているものの、それはマスタークラフトになっており見た目がごちゃごちゃとしています。

今回のフューズのMAC-10ならばマスタークラフトじゃないので、迷彩も反映されやすく、元のMAC-10から大きく形状は変わっていないので、普通の形の武器がお望みならお買い求めを。

モダンウォーフェア

RustもHackneyも良いマップではありますが、何しろ今週はウォーゾーンが熱すぎるので…。

それ以外は、とくに新情報なし。