良いこと日記。 2022/6/18

良いこと日記。 2022/6/18

スポンサーリンク

とりあえずTyrant’s Blessing

ただいまSteamではNEXTフェスということで、多数の新作の体験版が配信されています。

その中の一つ、Tyrant’s Blessingで遊んでおりました。

簡単に言ってしまえば、ファンタジーな世界観になったInto the Breachといった感じ。

マップは小規模で、プレイヤー側のユニット数も少なく、ダメージのばらつきや命中率といったランダム要素はなし。

敵の攻撃先があらかじめわかることや、違うマスへ突き飛ばす攻撃や味方にも攻撃が当たってしまう恐れがあることなどなど、共通点が多く見られます。

異なる点としては、ただ移動しただけでは敵の攻撃を避けられないこと。移動して避けようとすることよりも、敵を突き飛ばすなどして攻撃先をずらしたり、攻撃される前にさっさと倒してしまう戦術が重要になってくるかと。

また、1戦の間に3ターン分だけやり直しができる親切機能あり。

1ターンの間にものすごく考えることが多く、もしこれでInto the Breach同様、ゲームオーバーになるとすべて失うといった仕様があるならば、なかなかハードコアなゲームになりそうです。

ちょっとしたミスで何度もブチギレつつ、結局また何時間もかけてついついやり直してしまう未来が見える見える…。

ところで、バナー画像に映っている女の子は、ゲームに出てくるのでしょうか?

ゲーム内にある仲間一覧の画面を開いても、それらしいキャラが居ないんですよね。

…もしかして、初めから仲間に加わっている、金髪で紺色のローブのドラゴン使いのキャラがそれ?

FH5メモ。

FH5 シーズン8 春の週。

フォトチャレンジ #GOINGPLACES グラン・プエンテで2003 BMW …
tanoshi-nichiyo.com

とっくに金曜を過ぎていたので、いつもどおりシーズンのプレイリストを消化。

記事にも書いたとおりですが、今週分の新しいマシンも手に入り、現時点でゲーム内に存在するマシンは、ひとまずすべてコンプリートとなりました。

600台以上もずらずらと立ち並ぶ姿は、やはり圧巻ですね…。

ただ、最近はただ新しいマシンを入手するためだけに遊んでいる感じなので、来月のDLCでマンネリを打破していただきたいところです。

ホットウィールだけに限らず実在のクルマで、縦に一回転するような大掛かりなコースを遊べるなんて…!

発売日の告知っている?

『Cuphead』DLCは発売延期を気にせず制作された。途方もないセル画枚数のゲームを完成させたのは、スタッフの健康最優先の環境 - AUTOMATON

『Cuphead』の開発環境について、スタッフから明かされたようだ。同作の開発ス…
automaton-media.com

遊んだことはないのですが、CupheadというゲームのDLCが何度も配信延期を重ねているそうですが、理由としてはクランチ…言い換えると残業を一切行わず制作を進めていたとかなんとか。

残業を一切せず、従業員たちを気遣う姿勢は、大変素晴らしいと思います。

私も過去に勤めていた職場では、突然深夜まで残業させられたことがありますが、期限に間に合わせるため突貫で作業を進めた結果、まるで満足行く出来にならなかったと思います。

打って変わって今勤めている職場では、残業を一切行ったことがありません。

規定の時間内だけきっちり仕事して、昼休みはすぐに手を止めて休憩にし行って、定時には早く帰ることを社長も勧めてくれているので、今は会社に行くことを苦に思ったことがありません。

話がそれてしまいましたが、仕事なんて期限を定めて行う必要なんてないんじゃないかなと、常々思います。

とりあえず気ままに作業を進めて、出来上がったらその時点で発表するというゆるさで行けば、開発側も気が楽だし、購入者側も発売日までヤキモキさせられなくて済む…。

(無駄にだらだら時間をかけて、時給だけもらって帰るのはもちろん良くない。)

ゲームにかぎらずテレビだって、毎週必ず決まった時間に放送の必要はないのでは…?とくにニチアサ、そろそろ週一が苦しくなってきているように感じます。

記事にもあるとおり、長期間の作業になっても従業員を雇い続けられる費用が必要になってきますが、それができないメーカーなら、まずは短期間で済みそうな作品だけ連発で出していくことになるのでしょうか。