CoDヴァンガード シーズン3 後半 3週目。

CoDヴァンガード シーズン3 後半 3週目。

MW・BOCW・VGいずれにおいても、タイトル画面にMW2が登場するようになりました。

一方で、起動中のゲームとウォーゾーンとMW2以外は、選択肢から無くなりました。

さすがに5つも並ぶと、幅が足りないか…。

スポンサーリンク

ヴァンガード

今シーズンの新マップであるMayhemとSphereだけが登場するモードや、体力増加かつ常に全員の位置が丸わかりのOverclocked Exposedが追加されています。

特にOverclocked Exposedは、なかなか面白そう。というか実際に一度だけやってみて、なかなか面白かった。

体力増加は実感できなかったものの、それ以外に関しては、常に撃ち合いしていたい人にはもってこい。

キルストリークも無効のため、一方的に蹂躙されることのない、純粋な撃ち合いが楽しめました。

相変わらず、Ship Haus以外はなかなかマッチングしないのが難点だけども…。

そのShip Hausも、どんどん人口が危うくなっていますけどね…。金曜の夜だったのに、Ping150くらいになるまでマッチングしなかったこともあった。

もうみんな、MW2が出るまで待機し続けるつもり?

つい先日、炎の弾丸が撃てるようになるAS44を購入したおかげで、AS44をひたすら育てておりました。

かなり近距離向けにカスタムされていたおかげで、そのままでも私好みの性能ではあったのですが、育て続けることレベル53、ついに小口径弾が開放されました。

思った通り、小口径弾との相性はばっちり。威力は通常弾とさほど変わらず胴体ヒットなら4発キルできるのに、連射力と反動制御が上がったおかげで、使い勝手は抜群です。

他のアタッチメントで反動制御を行う必要もなくなったので、エイム速度に少しは割り当てられます。

Ship Hausで戦うなら、このカスタムで決まり。射程距離や弾速は落ちるものの、狭いマップしかやらないので問題なし。

旗取りするならサイレンサーいらない?

大口径弾とバーストバレルの組み合わせも、反動が気にならずワントリガーキルもできるのでなかなか強いのですが、やはり私は走り回る方が好きなので。みんな旗を取りに行かねぇもん…。

そういや、Blixenまだ手に入れてなかった…。

AS44の育成もまだ残っているのですが、最後に手に入る連射力増強バレルを使うと、まともに制御できなさそうな気がするので後回し。

よって、次からはBlixenの入手を優先で。スライディングキルめんどくさいなぁ。

ウォーゾーン

今週も相変わらずやるものない。

来週にはRebirth IslandのPayloadが控えているので、そのときには今日育てた炎のAS44を持ってこよう。

ブラックオプス

とくに言うことなし。

モダンウォーフェア

Shoot the Shipが戻ってきたので、ゲーム的にはいつもどおりですが、それ以外はとくに言うことなし。

一方でMW2の方は、ついに待望のゲームプレイ動画が公開されました。

前日にはワールドプレミアがありましたが、そちらはただのイベント用ムービーだったので肩透かし。

我々が見たいのは実際のゲーム映像なんだよ!と思ってたら、さっそくその翌日には上の動画が。

こっちをワールドプレミアにしたほうが良かったのでは?

ゲーム的にはいつものキャンペーンモードといったところ。映像も今の時代はキレイなのが当たり前なので、大きな驚きはないのですが、やはりこの各個撃破しつつ徐々に先へ進んで展開が、やっぱりCoDらしい。

実際のゲーム映像を見ると、期待がどんどん高まってきますね。

出てくる武器も気になるところですが、ざっと見た限り、ソープ(プレイヤー視点)が持っていたのはFennecとModel680?

ところで気になったのは、動画の最後の方でメーカーロゴが並んでいるのですが、いつもMWシリーズを担当しているInfinity Wardだけでなく、BOシリーズ担当のTreyarchや、VG担当のSledge Hammerのロゴも。

もしやMW2は、これまでバラバラだったメーカーが一つに集結したのでしょうか?

VGだと、ゾンビとリーグモードはTreyarchが担当しているようですが、Infinity Wardはとくに関わっていませんでした。