良いこと日記。 2022/6/6

良いこと日記。 2022/6/6

スポンサーリンク

とりあえずスノーランナー。

数日前にセールされていたSnowRunnerで遊んでました。

あまりにもドロドロの泥道とか、積もりに積もりまくった雪道の上を、荷物を乗せたトラックで駆け抜けていくゲーム。

詳しいゲームの流れは各自で調べてもらうとして、意外にもRPG的要素が強いかも。

今持っているマシンじゃ、どうあがいても進めそうにない道があったら、しばらく別の依頼をこなして資金を稼いで新しいマシンを買ったり、あちこちぶらついて強化パーツを手に入れたりしてから、再度挑むなど。

クルマとはいえ、当然ながらレースゲームのようにガンガン走り回れるわけじゃなく、傍から見ている分にはノロノロと面倒くさそうと思われそうだけど、なぜかやりこみたくなってしまいます。

とりあえず、またぼちぼち進めていきます。

WordPressメモ。

仕事のうえでWordpressのテーマを作っているとき、SASSを使っていざ完成させても、後日には他の人によってSASSではなくcssの方を直接編集されてしまい、SASSとの整合性が取れなくなることもしばしば。

WP-SCSS – WordPress プラグイン | WordPress.org 日本語

Compiles .scss files to .css and enqueue…
ja.wordpress.org

そんな中、WP-SCSSを導入すれば、いちいちcssに変換をかけなくても、拡張子scssの方のSASSを直接読み込めるようになるもよう。

変換の手間がなくなるし、cssを置かなければscssの方を編集してくれるだろうから、トラブルが減りそうです。

ただ、あくまでもこれに対応しているのは、拡張子scssの方のSASS。従来のcssどおり、カッコとセミコロンが必要な方。

私がよく使っているのは、カッコとセミコロンがいらない拡張子sassの方ですが、そちらは使えないのが残念。

もともとSASSというのは拡張子sassから始まったようですが、cssと見た目が離れていて馴染めないだの何だの言われたせいで、カッコとセミコロンが必要なscssの方も開発され、今はそっちがすっかり主流になってしまったそうな。

私としては、インデントのずれが許されず余計な記号を入力せずに済むsassのほうが優れてると思うのですが、sassが見づらいと感じてる人は、テキストエディタの方を調整するべきでは…。

インデントに罫線を出してくれるプラグインとか入れたら、カッコで囲わなくてもどこがつながってるかわかるし。

カッコでつなげばインデントが無茶苦茶でも許されるscssは、ソースコードが汚くなる原因…。と思ったけど、自動でコードを整頓してくれる機能も当たり前の世の中だったので、インデントずれが許されないというsassの利点が消えたかも…。

普通二輪MTメモ。

先日の日記どおり、昨日の試験はあまりの緊張により、即座に転倒して不合格となってしまい、補習と再試験のために追加料金が必要となってしまいました。

できれば払いたくなかった費用であるため、私はその追加料金のことを勝手に「罰金」と呼んでいます。

本日の出勤後、社内の人たちとこの土日の間にしてきたことの話になり、昨日の試験のことも話したのですが、補習および再試験代のことを聞いて社長は「経済を回していると思えばいい」とのこと。

さすが、経営者はモノの見方が違う…。罰金なんて呼び方をしていたせいで、もう受けたくないって気持ちが強くなる一方でしたが、そんな言葉さえ避ければ、多少は気分がマシになるかも。

「格安でバイクが練習できる施設があればいいのにな」とも言ってくれましたが、たしかにそれめちゃくちゃ欲しいです…。

むしろ自分が、そんな施設の運営者になるべきでは?

と思ったけど、まだ無免の人たちを乗せてもいいのか疑問だし、教習所以外でそんなことさせるのもOKなのか疑問だし、私は人に教えられるような技術も話術もないから、プロのインストラクターも雇わなきゃだし、そもそも何台もバイク買う資金無いし、世の中なんもわからん。