良いこと日記。 2021/11/17

良いこと日記。 2021/11/17

スポンサーリンク

もうWindows11を受け入れてもいいかもしれない。

自宅のWindows10のPCは、もうWindows11にアップデート可能な状態なのですが、いまだに保留しています。

その理由ですが、今までタスクバーは画面左に配置していたのに、Windows11では下にしか配置できなくなっているためです。

タスクバーを下もしくは上に配置していると、画面の長い左右を専有してしまうため、左もしくは右に配置したほうが効率的です。

それなのに、どうして下固定にしてしまったのか…。

そこでふと思ったのが、もはやタスクバーなんて常に表示させる必要なんてないのでは?ということ。

タスクバーを自動的に隠す設定は大昔から存在しているので、これを有効にして1日過ごしてみることに。

すると、意外にもそんなに作業に苦労することがありませんでした。

すでに開いているウインドウのうち、どれを最前面にしたいか切り替えるときは、タスクバーからアイコンをクリックしなくても、 Alt + Tab を押すことでウインドウを切り替えられます。

また、タスクバーが隠されている状態だと、画面端にマウスを動かすことで呼び出す仕組みなので、これが面倒なのではと思っていたのですが、 Alt + Tab を使うようにしてからは、あまりタスクバーを触ることがありませんでした。

タスクバーを触るときと言えば、何か新しくアプリを起動したいときくらいです。一度起動してしまえば、そのままウインドウ出しっぱなしですからね。

タスクバーが下固定で困るもう1つのことは、モニターを縦に並べている場合。

隠れたタスクバーを呼び出すとき、モニター同士の境目にマウスを動かすことになるのですが、上のモニターでタスクバーを呼び出そうとしても、下のモニターにマウスがつい突き抜けてしまいます。

ただ、幸か不幸か、上下のモニターで解像度が異なっているため、上のモニターの左下にはひっかかる角が出来ています。

よって、その角にマウスをひっかけることでタスクバーが呼び出せるので、呼び出しに手こずることはありません。

タスクバーを隠す設定ならば、タスクバーをどこに置いていようが画面の邪魔になることはないので、これでようやくタスクバーが下固定であるWindows11を受け入れても良い気がしてきました。

もしかしてこのことに気づかせるために、Windows11は心を鬼にして、わざとこのような仕様にしたのでは…?

というよりは、Macのマネをしただけかな…。Macだと、Dock(Windowsでいうタスクバー)を隠す設定がデフォルトですからね。

ただ、タスクバーを隠す設定で1つ困るのが、時計が見えないこと。

Wallpaper Engine などで、デスクトップに時計を貼り付けるような機能があればいいのですが。

Macのウインドウ切り替えをやりやすく。

上記の続きとなりますが、Windowsのタスクバーを隠す設定になれるため、Macを使うことになる日中の勤務の間も、Dockを隠す設定を再び有効にしました。

Macの場合、ウインドウの切り替えコマンドは Command + Tab となるのですが、位置としてはWindowsでいう Alt + Tab に近いです。

しかし、Mac ではデフォルト設定だと、 OptionがAlt、CommandがCtrlに近い機能となっており、Command + C でコピー、 Command + V でペーストなどをやろうとすると、指の配置に無理があってやりづらかったため、OptionとCommandの機能を逆に入れ替えています。

ところがこの状態だと、ウインドウの切り替えが Option + Tab になってしまい、今度はこっちがやりづらくなってしまいました。また、OSの設定からではこのコマンドだけを入れ替えることはできません。

Macアプリ「HyperSwitch」ウインドウ単位で切り替え | PC設定のカルマ

Mac で Windows のようなウィンドウ単位の切り替えを実現してくれるアプ…
pc-karuma.net

そこで役に立つのが HyperSwitch というアプリで、これを起動すると Option + Tab でもウインドウ切り替えが可能になります。

私の環境では Option と Command を入れ替えているので、 HyperSwitch によるウインドウ切り替えコマンドは Command + Tab になります。

つまり、 Windows でいう Alt + Tab に近いコマンドで、ようやくウインドウ切り替えができるようになったということです。

ここまでいじくらないとやりづらいなんて、Macのキーボードで良い点って割とマジで、テンキーの0とピリオドの間にカンマがあることくらいしか思いつきません…。

FH4のシーズン42は、やらずに済んだ。

FH4 シーズン42の報酬をチェック。

今でも過去作のことに触れてくれる素晴らしい運営。 https://youtu.b…
tanoshi-nichiyo.com

今でも公式自ら過去作のことを宣伝してくれるのは、とても良いことだと思います。

ただ、FH5がもうすでにある時代なので、さすがにFH4にあまり時間を割くわけにはいきません。

次回シーズンの中に未入手のマシンはあったのですが、もうオークションで済ませてしまいました…。

とはいえ、時間の節約になったということで、良しとしましょう。

Mac版イラレのバグに困ってる。

Macではほとんどのアプリで、ファイルを開いたり保存したりするウインドウにてパスを入力したいとき、Shift + Command + G を押すことで、パスを入力するウインドウを出すことができます。

Windowsと違って、パス入力欄が表示されっぱなしではありません。

しかしMacのAdobe Illustratorだとなぜか、パス入力ウインドウでキーボードショートカットを使ってのコピーやペーストが効いてくれません。

そのせいで、Finderからコピーしてきたパスを貼り付けようにも、わざわざ右クリックメニューから貼り付けないといけません。

現在、イラレは2022となりましたが、2021の頃からずっと続いています。

このことについて対策はないかフォーラムに質問してみたところ、どうやらいまだに対策はないようです。

また、バグに関してはUserVoiceに投稿した方が良いようで、日本語で書いても聞いてくれるとのこと。

“Save As” window – CMD+C, CMD+V, CMD+X, CMD+A don’t work. – Adobe Illustrator

よってUserVoiceに投稿したのですが、すでに同様の件で投稿した人が多数いるようで、管理者によって一つのスレッドに統合されました。

現時点でコメント数は49。2019年から投稿されており、よっぽど長い間ほったらかしにされている不具合のようですね…。

改善される兆しが見えないものの、UserVoiceのことは知らなかったので、それを知れただけでも良しとしましょう。

白飯用カップスープって無いの?

勤務中の昼食は、持参のおにぎり2つと、コンビニなどで買うカップスープにすることがほとんど。

おにぎり2つも持っていきながら、たまにカップラーメンも食べたくなってしまうこともあるのですが、さすがに食べすぎかつ味の濃いものはあとで困るので、ラーメンではなくスープで済ませます。

しかし、スープがあったらやりたいことは、スープの中にご飯を混ぜ込むことなのですが、すでに具が混ぜ込まれたおにぎりばかりであるため、スープに入れるのも微妙なところです。

これはもはや、おにぎりではなくただの白米を持っていくべきでしょうか。

そうなると、どのスープにご飯を混ぜるのがうまいのか、探求する必要もありますね。

むしろ、白飯用に設計されているカップスープがあればいいのですが。